menu

曇天日和

どんてんびより

臍曲がりの譚詩曲

カツン。カツン。カツン。

階段の上から、規則正しい金属音が近づいてくる。
交代の時間にはまだ早い。見張りの兵士は不思議に思いつつ、足音の主を待った。
「なっ!?」
燭台の明かりと共に現れたのが、まったくの想定外の人物であったことに、兵士は面食らう。
このような薄暗く、凍える寒さの牢獄とは無縁の存在。
「いっ、いかがされましたか!?」
「…お通しください」
静かだが、撥ね付けるような冷たい声が返ってきた。
「な、なりません!貴方様ほどのお方が、罪人とお接しになるなど」
「お通しください」
慌てふためく兵士に、再度の通告が下る。
完璧に整った貌であるがゆえの、有無を言わせぬ圧。
「っ、ひ…」
兵士は黙るほかなかった。目の前を横切っていく姿を、硬直したまま見送った。


「……華佗先生!」
燭台の明かりを差し向けながら、獄の中にいる人影の名を叫んだ。
「…おや、まあ。荀彧殿?」
流石に驚いた声が上がった。
のっそりとした様子で、華佗が鉄格子の前まで進み出てくる。
「っ………」
目の前に映った痛々しい姿に、思わず荀彧は口許を覆った。
暗がりから出てきた華佗の顔は、青痣と擦り傷だらけであった。体にも裂傷が走り、打撲痕が残されている。
利き腕である右手に負った傷は特に酷く、今も尚、止血し切れていない。
「申し訳ありません……華佗先生を、このような目にっ…」
燭台を傍らに置き、荀彧は悲痛な面持ちで鉄格子の前に跪いた。
対して華佗は、ただいつもの笑みを浮かべていた。激しく痛めつけられているとはとても思えぬ、妙な元気に満ちている。
「なんの。まあ、私が嘘をついて曹操殿をほったらかしたのは事実ですからな。そこは弁解のしようもありません」
「だからといって…このような、一方的な裁きを受けねばならない謂われは…」
「ふふふ、謂われはございますよ。何故なら私は医師です。そう、医師でしかありません」
そう言い切った瞬間、洞の如き漆黒を湛えた華佗の双眼が荀彧に向く。
一度入れば二度と出てこれぬような、突き当たりの見えぬ闇がそこにあった。
「こういう扱いを受けても致し方ない。それが、医師という身分の現状にございます」



発端は、華佗が書物を取りに里へ帰る、と言い出したことだ。
暫しの暇であれば、と曹操も渋々送り出したが、待てど暮らせど許昌に帰ってくる気配がない。
そのうち、家内が病がちなのでもう暫くは戻らない、と書簡が届いた。
常の曹操であれば、舌打ちをしつつも了承した筈であった。だが。

『…いくらなんでも遅い。兎に角帰参させよ』
『殿、ですが』
『これ以上は待てぬ…!』

語気こそ抑える努力をしていたが、激しい苛立ちは荀彧にも伝わっていた。
曹操は長年、頭痛を持病として抱えて生きている。その痛みを唯一解消できていたのが、華佗であった。
その華佗が、もう一月も傍らにいない。当然のように、曹操の頭痛は悪化していった。
目に見えて人相も険しくなり、人知れぬところで物に当たり散らす。我慢の限界に近かった。

華佗を強制的に呼び戻すことに、荀彧も強く反対はできなかった。むしろ、内心ではなるべく早く華佗に戻ってきてもらいたいと願っていた。
この冬には、孫呉との全面決戦を控えている。そこに曹操が万全の状態で臨めないのは、軍全体の士気に関わる問題。
苛烈さを増していく曹操の表情を見るにつけ、華佗の存在の大きさを感じずにはいられず。
申し訳なさはあれど、やはり戻ってきてもらうよりは他にない。そう結論付けて、荀彧も華佗の帰還を待った。
まさか、最悪の方向に事態が転ぶことになるなど、予想もしていなかった。

『このわしを堂々と謀るとは……どういう了見だ?』
『少し、疲れただけですよ。これから天下を統一しようというお方に、いつまでも安い禄でこき使われる生き方に』
『華佗先生…!』
『……よかろう。獄に繋いでおけ。わしの受けた苦しみ、その身で味わうがよい』
『ええ。お世話になりました』
『殿、お待ち下さい!?それはあまりにも……華佗先生っ!』

荀彧が再び見た華佗は、縛についた状態で曹操の眼前に召し出された姿だった。
【書物を探す様子もなければ、妻が病がちでもない。ただ悠々自適な暮らしをしていたのみ】
報告書を握る曹操の手に浮かんだ青筋が、怒りの大きさを物語る。荀彧の制止も空しく、華佗はそのまま獄へと放り込まれた。

『華佗先生の御手には人の命……何より、殿の安寧もかかっております。あれほどの医術の才を持つ方を、私は他に知りません。どうか、お許しくださいませ』
『…お主が命乞いをするほどの存在ではなかろう』
『お願い申し上げます。どうか、一時の激情でご判断なさらずに……!あの方を失ってはこの先、殿のお苦しみが増すばかりではと、私は不安でなりません』
『くどいぞ、荀彧』
『ですが…』
『こそこそした鼠が一匹、いなくなるだけだ』
『ねず……み………』

淡々とした、しかし冷徹な曹操の声が、耳鳴りの如く反響する。
迷いもなく放たれた【鼠】という言葉。喉の奥が凍りついて、何も言えぬままに終わった。
これまでの、決して短くはない歳月が。ただその一言で打ち壊された瞬間だった。



わからぬ訳ではないのだ、荀彧とて。
医者が卑賤の存在であるという認識は、頑として世間に横たわる。荀彧自身もまた、その中で生きてきた身。
眉唾な知識や、呪術紛いの怪しい措置しか施せぬ者も数多いる。故に、医に携わる者は時に差別の対象とされてきた。

それでも、華佗は特別だ。

傷病を癒し、辛苦を除き、人々の命を救う。ただそれだけを、直向きに貫いた人。
これほどまでに命を遍く等しく思いやり、すべてを賭して向き合う医師を、荀彧は見たことがなかった。
人体への深い理解、正確無比な鍼術、薬草の膨大な知識。そしてこれらを、余すところなく駆使する技量と胆力。
己が命を委ねるか否かは賭けにも近かった従来の医術とは、根本からして違う。
叡智と経験と修練の歳月に裏打ちされた、極めし技術。それこそが、華佗という男の。武威とも智謀とも異なる、唯一無二にして異能の才。
それが今、失われようとしている。

「…やはり納得できません。貴方を失うなど、あってはならないことです。殿にとって……いいえ、天下の損失です…!」
それは心底から湧き上がる、荀彧の切々たる本音であった。
間違いなく華佗は、医術というものを変えてみせた。不確実な概念から、信に値する技術へと押し上げた。
しかしそれも、このままでは一時の奇跡。奇跡を普遍へと変質させるには、後に続く者、才を継ぐ者が不可欠なのだ。
今ここで潰えては、ただ一人の傑物による、一代限りの夢幻でしかない。医術は過去へと後退してしまう。
「これはまた、過ぎたるお言葉をいただきましたな。はっはっはっ!」
心底から、愉快そうな高笑いが牢獄に響き渡った。しかし反響が止む頃、華佗の表情からすっと笑顔が抜ける。

「ですがそのお言葉、曹操殿からお聞きしたかった」

「華佗、先生……」
荀彧ですら、それは初めて目にする寂しい表情だった。
己が医術に対する自信に満ち溢れ、ともすれば傲岸不遜に過ぎると揶揄を受け続けた男の姿からは、かけ離れていた。
それに、今まで一度として聞いたことがない。こんな、何もかもを投げ捨てたような、諦めた声など。
嗚呼、もう遅いのだ。 荀彧もようやく、そしてはっきりと悟る。
見せた笑顔は最後の見栄であり、空元気でしかなかった。最早この人に、生きんとする意思はないのだから。
金剛石よりも頑強とすら思われた心は、とうの昔に折れている。そうであるから、許昌を去った。こうなることを見越した上で。覚悟の上で。
「あの曹操殿ですら、医師を心から尊ぶという精神はついぞ持てなかったですなぁ……」
長い長い溜息は、まるで。魂ごと吐き出す様とすら思えた。
「まあ、人の考え方というものは、そう簡単には変わりゃしないのです。私だって……そうですからな」
虚空を見つめ、華佗は寂しげに目を細めた。


人の命は脆く儚い。真に怖るるものは、乱世や戦に非ず、人を蝕む傷や病。それが、華佗の下した結論である。
あらゆる害悪に挑み、打ち克つ術を得たい。ただその一心で医師となり、医術にすべてを懸けてきた。
いつしか確信した。医の道こそは我が道。人を救う崇高なる道である、と。
そのことを必ずやこの世に知らしめ、認めさせてみせん。そう胸に秘めて、駆け抜けてきた筈、であった。

権力に阿るつもりは毛頭なかった。それでも、市井の少し名の知れた医者で終わる気もなかった。
後に続く者のため、医への誇りのためには、目に見える栄達も必要なのだ。そして選んだは、曹操の傘下に入る道。
革新の風を吹かすこの男の許であれば、変われる筈。そう信じて。

ついに風向きが変わることは、なかった。
いつか、いつかはと、期待して、裏切られて。時は徒に流れ、技は利されるだけに留まり。
官位を得られぬまま、すべての頭髪が白くなった己が姿を鏡で見た時。何かが、割れる音がした。

自分は一体。何のために、ここまで時を費やしてきたのか。
先生と慕われ、時に畏れられ。高名な理解者も得て、権力者に重用されて。しかし気づけば、ただそれだけだった。
間違いであったのか。無謀であったのか。医を蔑むこの世に、己が腕のみで挑んだことは。
疲れる、とはこういうことか。初めての感情だった。


「…欲張り過ぎたのですかねぇ、私。官位だ名声だなんだと」
華佗は首を傾げながら、懐から一冊の書を取り出した。
「意固地になっていないで、せめてこれを完成させる道を選べていれば、もう少し楽でしたかなぁ」
「そちらは…」
「私が纏めた書にございます。正直なところ満足行く内容ではありませんが、何かの役には立つでしょう」
そう言うと、華佗は不要品であるかのように鉄格子へ差し挟んだ。
しかし、そのぞんざいな扱いを受けている書こそ、華佗の才の集合体。
「……はい、謹んで」
託されたのだ、と理解した。すぐさま拝礼して、荀彧が手を差し出したその時。
「なりません荀彧様っ!罪人からそのようなものを受け取るなどっ!」
血相を変え、叫びながら駆け寄ってくる姿があった。見張りの兵士だ。
遠くからではあるが、荀彧と華佗のやり取りはずっと監視していたらしい。
「っ、口を慎みなさい!こちらは、華佗先生の才智の限りがしたためられた、貴重な書物です」
「ですが、もし罪人から物品を受け取ったと知られれば、今度は荀彧様が!」
「……なるほど、わかりました。貴方をむざむざ危うい立場に貶めることはできません」
刹那、華佗は鉄格子の隙間より左手を伸ばした。掴んだのは、燭台の蝋燭。先に灯る火を、書に押しつけた。
「あっ…!?」
止める間すらなかった。朱炎が、燃え盛る。
反射的に伸ばした手は、冷たい鉄格子に遮られて。
届かなかったそれは、華佗自らの手によって、牢獄の隅まで投げ飛ばされた。

「あ、ああ…っ……ああ……!」
消えていく。呑まれていく。立ち上る煙、揺らめく炎の中に、時も、才も、智も、技も、心も、すべて。
言葉にならない悲嘆が、涙となって頬を伝った。
「いやぁ、久々に暖かくていいですなぁ」
華佗はただ、笑いながら炎に見入る。やがて目を伏せ、静かに語り出した。
「……思ったのです。何故、荀彧殿ともあろう方が、私みたいな臍曲がりをお気に召して、しかもこうして、私なんぞのために泣いてくださるのか。そして私も何故、名門の貴公子なんていう蕁麻疹が出そうな御身分の貴方に対して、こんなにも好ましく思えたのか」
今ひとたび鉄格子の隙間から、華佗の右手が伸びてくる。しとどに濡れた荀彧の頬に、そっと触れた。
「っあ…」
華佗の手からは尚も血が流れ、そして氷のようであった。肌を刺す冷たさが、荀彧の背筋を震わせる。

「最後にひとつだけ、烏滸がましいことを申し上げてよいですか」
「…はい」
荀彧もまた包み込むようにして、己が手を華佗の手へ重ねた。じっと見つめ返しながら、言葉を待つ。
その真摯な眼差しに、華佗は驚くほどの凪いだ微笑みを向けた。

「私と貴方は似ています。これと信じたものだけは、絶対に曲げられないところが」

「……!」
美しい瞳が、零れ落ちんばかりに見開かれた。深く、荀彧は頷く。
互いに穿った見方をして、互いを煙たがる不幸な関係にだってなっていたかもしれない。しかし、そうはならなかった。
荀彧は、華佗の尋常ならざる才を。華佗は、荀彧の清廉なる志を。互いの誇りと信念の根ざし方に感じ入ったからこそ、この幸福な間柄でいられた。

「だから……だからこそ、僭越ながら心配です。もしもいつか、貴方が曹操殿と相容れなくなった時が来たとしたら、などと」
「っ、華佗先生……そんな」
「流石に…貴方を切り捨てるようなことだけは、曹操殿にはしていただきたくないものですが、ね」
神経は既に通っていないのだろう。微かな震えを止められない手で尚、愛おしみながら頬を撫で擦る。
その目にはただ、人として。我が子や孫を慈しむような優しさを湛えていた。

「荀彧様、これ以上はなりません。どうかお引き取りを…そうでないと…!」
傍らに控えていた兵士が焦った声を上げる。新しい見張りの者がやってくる刻限が迫っていた。
兵士としては、荀彧が来たことを自分だけが見た光景に留めておきたかった。他に目撃者がいれば、何かを問われた際に言い逃れができなくなってしまう。
その意図を察し、華佗は荀彧の頬から手を放した。
「これ以上皆様を困らせるのは、私の本意ではありません。さあ」
「何も……何もお力になれなかった私を……お許し、くださいっ……」
断腸の思いで、荀彧は拱手の礼を捧げた。目頭が再び熱を持ち、じわりと視界が滲む。
「荀彧殿。どうか手向けと思って、笑ってくれませんか。最後に見る貴方は、笑顔がいいのです」
「………はい。華佗先生」
ゆっくりと荀彧は面を上げた。涙は抑えられなくとも、せめて、微笑みを。
華佗も笑った。万感の思いに溢れていた。





廊下の窓から見える下弦の月を、無心に眺めた。どれくらいの間そうしていただろう。
背後に近づいてきた気配にも、声を掛けられるまで気づけずにいた。
「ここにいたのか」
「……夏侯惇殿」
振り返ったそこに、こちらを見下ろす険しい眼差しがあった。その表情で、十分に察せた。
少しだけ躊躇いがちに視線を泳がせた後、夏侯惇はそれを通告した。
「孟徳から伝言だ。夜が明け次第、奴を処刑すると」
「…………」
「覆せはせんぞ」
「…承知いたしました」
念を押すような夏侯惇の一言に、荀彧は静かに首を垂れる。
それ以上、互いにかけるべき言葉などないのは、互いが一番承知していた。
「…頬の汚れ、拭っておけ」
最後にそれだけ言うと、夏侯惇は踵を返してその場を去っていった。遠ざかる背を、荀彧も黙って見送った。


また、独りだけの静寂が戻る。
指摘の言葉に従い、荀彧は左手で頬を拭った。月光に照らされた掌に、赤黒い染みが浮かぶ。
「……っ」
染みを抱くように左手を握り締め、右手でそれを覆った。
何故最後に、血が流れねばならなかった。溢れんばかりの才を振るい、人を救うための手から、何故。
悲憤はそのまま、救えなかった自分への糾弾となって突き刺さり、胸を軋ませる。
彼の才を貴びながら見合うだけの見返りを用意できず、何も働きかけられずに終わった。自分もまた、死を招いた側に過ぎないのだ。

「申し訳ありません……先生」
零れ落ちるは、最早届かぬ慚愧ばかり。




2019/09/03

top