menu

曇天日和

どんてんびより

花王に香無し

「それにしても、よく降る雨だ」
頬杖を突いたまま、郭嘉は気怠い眼差しを窓の外へ送った。
晴れていれば見える筈の景色は白く烟り、静かな水音が絶え間なく、人気の少ない食堂に響く。
まだ春が終わったとはいえない時節、長雨はすっかり空気を冷やしていた。
「こう雨ばかりでは、宵の月を楽しみながら酒も飲めないね…つまらないな」
郭嘉が呟けば、向かいに座っていた満寵も、同調するように頷いて捲し立てる。
「まったくですよ。私も早く試したいと思っている罠があって、徐晃殿とお約束しているんですが。これでは土が柔らかくなり過ぎだ…はぁ、当分は無理かなぁ」
「お二方。雨を前に消沈するのは結構ですが、仕事はしてください」
満寵の隣に座る荀攸が、やや苛立った声で釘を刺した。
眉間には皺が寄り、『現実から目を逸らすな』と目で訴えてくる。
郭嘉と満寵は顔を見合わせ、肩を竦めた。
「おやおや……荀攸殿、随分とご機嫌斜めのようで」
「まあ、春とは思えぬこの雨では、皆苛立ちが募っても致し方な…へっくし」
寒気に背筋を震わせ、満寵は短くくしゃみをした。
「ううっ、寒いな」
ぼやきつつ、満寵は目の前の茶を飲み干す。荀攸は冷ややかな視線を送った。
「この寒さの中、そのように前を寛げていればやむなしかと」
満寵の上着は、またも留め具が掛け違えられている。
最早当たり前にも近い光景だが、今日は下着も中でずれているらしい。覗く肌が寒々しかった。

「ところで荀攸殿、荀彧殿は?」
二杯目の茶を口にしたところで、郭嘉が尋ねる。
軍議が長引いたため、三人は午後の半端な時間に休憩を取っていた。
しかし同じく軍議に参加し、同じく予定がずれ込んでいる筈の荀彧だけ、姿を現す気配がない。
「近日中に帝に奏上する文書を纏めねばならないそうで、今日はいいと」
荀攸の言葉に、満寵は大きなため息をついた。
「そうかぁ……いや、尚書令は大変だな」
「適度に休息を取ることは、大事だと思うけれどね」
「郭嘉殿は息を抜き過ぎでは」
郭嘉をひと睨みすると、荀攸は席を立ち上がった。
「あれ、もう行くのかい?」
「竹簡や書簡の整理くらいなら、俺も手伝えますので…失礼します」
一礼すると、荀攸はつかつかと早足で食堂を出て行く。
その、やや枯れた空気を醸す背中を見つめた後、郭嘉と満寵は互いに苦笑した。
「…やれやれ、本当に生真面目な一族だ」
「それが美徳ではあるのだけれど」





「すみません、公達殿…このようなことをお願いして」
荀彧は申し訳なさそうに、隣席する荀攸へと視線を送った。
竹簡を広げては中身に目を通し、報告元、そして内容別に纏めて重ねる。後で確認しやすいように。
雑務を任せてしまっていることに、荀彧は少なからず罪悪感を覚えた。
今まで手をつけようにもつけられていなかったのは事実であり、ありがたくはあるのだが。
「お気になさらず」
荀攸は眉一つ動かさず、作業を繰り返し行っていく。
竹簡と書簡に挟まれつつ、黙々と筆を動かす荀彧を見た時、やはり休憩を早く切り上げて正解だと思った。
気休めにもならないかもしれない。それでも、彼一人が背負う煩雑さを、少しでも請け負えるなら。
「……っくし」
急な寒気に襲われ、荀攸は咄嗟に口許を覆った。
音に気づいた荀彧が、はたと筆を止める。
「公達殿、大丈夫ですか?」
「はい。失礼しました」
「この寒さですからね…一体、どうしたのでしょうか…」
荀彧は窓の外を見やった。絶え間なく降り続ける雨は、未だに止む気配がない。
「確かに、よく降る雨です」
食堂で郭嘉が呟いた言葉を、荀攸も口にした。いい加減、日差しが恋しくなる肌寒さであるのは確かだ。
腕の辺りを撫で擦る荀攸を見て、ふと荀彧は思いついた。
「ああ、そうでした。冬に使っていた上掛けがまだあったかと…」
「文若殿、俺などに気遣いは無用ですから」
わざわざ席を立った荀彧に、荀攸は慌てて声をかける。
多忙な彼を支援するために来たのに、逆に気を遣わせてしまっては本末転倒だ。
「いえ、私も使おうと思いまして。夜になると更に冷えますし…少々お待ちください」
どうにか遠慮しようとする荀攸に苦笑しつつ、荀彧は執務室の奥へと向かった。


奥扉を開けたそこには、仮の寝台が置かれた小部屋がある。
夜通しの政務になる時はここで仮眠を取るため、ある程度必要な物品は揃えていた筈だ。
記憶を頼りに、荀彧は寝台横の引き出しに手を掛けた。
「ああ、よかった」
幸い、目当ての物は一番上にあった。
たたんで収納しておいた紺色の上掛けを二枚、引っ張り出す。
日が出ていた時に虫干ししていたおかげか、埃臭さはなかった。これならば、不快にさせることもないだろう。
「………止みませんね」
静かな雨音に引き寄せられるように、荀彧は小部屋の窓の近くへと歩み寄った。
春の陽気が訪れたかと感じた、その矢先の雨。こうまで降り続く春の光景は、あまり記憶にない。
この寒さでは麦などの生育にも影響が出そうだ。兵糧庫の湿気も気になる。
将兵らも、外で思い切り調錬ができないとなれば、そろそろ苛立ってくる頃だろう。
せめて、明日か明後日までには上がってくれないものか。眉を曇らせた時だった。

「…え?」
窓の下にはちょうど、東の庭園が見える。女官たちによって手入れされた花壇のある場所だ。
そこに、誰かがいる。赤と黒の豪奢な装束を纏い、冕を頭上に冠った青年。
「っ…あ…!?」
一体誰なのかを認識した瞬間、背筋が薄ら寒くなる。
荀彧は慌てて、窓から身を離した。

「文若殿…いかがしました?」
戻ってきた荀彧を見て、荀攸は首を傾げる。
はっとして、荀彧はその手に持っていた上掛けを一枚、荀攸へと手渡す。
「あっ…すみません、お待たせしました。こちらをお使いください」
「わざわざ、申し訳ありません」
「いえ。それで……すみませんが、いったん席を外します」
「え、文若殿?」
「すぐ、戻ってまいりますので」
一礼したかと思うと、荀彧は足早に執務室を出て行ってしまった。
突然の行動に、残された荀攸は呆気にとられてしまう。
「………っ」
どうということはない所用かもしれない。
なのに何故だろう。胸の内がざわりと騒ぐ、この感覚は。
直前に見た、あの表情のせいだろうか。まるで、何かに戸惑っているような。





「陛下……」
庭まで駆けつけた荀彧の視界に、花壇の前に立ち竦む帝の姿が飛び込む。
いつからいたかは知れない。しかし濡れそぼった装束は、長い時間そこにいたことを如実に表していた。
「どうして、このような…」
少し前、まだ冬の寒さが厳しかった頃にも、似たような光景を目の当たりにした。
彼の人は、たったひとりで屋上に佇み、夜空に見入っていた。今と同じ、寂しい目で。
「この寒さは、御身に障ります。戻りましょう」
小走りに駆け寄り、手にしていた上掛けを羽織らせる。それでも帝は反応を示さない。
「陛下……お願いです。このままでは…」
装束から覗いている手を取る。冷たく濡れたそこに、温もりはほとんどなかった。
「貴方様にもしものことがありましたら、私は」
「朕がいなくなった方が好都合ではないのか」
ようやく開いた口からは、投げやりな言葉しか出てこなかった。
諦めの滲んだ表情の痛ましさに、荀彧は思わず、両の掌で帝の手を包み込む。
「陛下の持ち得る威徳は、長きに亘って紡がれてきた唯一無二のものにございます。決して、失われては…っ」
必死で説いた言葉は、虚しくも手と共に振り払われた。
帝の暗い眼差しが、じっとりと注がれる。深い悲しみ、そしてどこか、詰るような意思を感じた。

「…情けないな」
決まり悪げに視線を逸らした帝は、目の前の花壇へ向き直った。
そこには色とりどりの牡丹が植えられており、まさに満開の時を迎えている。その筈だった。
しかし今そこにあるのは、あまりにも物寂しい光景だった。
「っ…はい。勿体ないことに、ございます」
長雨に晒され続けた牡丹は、折角の花の盛りを悉く潰されていた。
本来なら美しく咲いていたであろう花は、花弁が雨に打たれて、形を崩してしまっている。
寒気にやられた蕾は茎が根元から折れ、腐り落ちていた。もう雨が止んだところで、取り返しはつかない。
「この程度の雨で、あまりにも脆いとは思わぬか」
帝はぼそりと呟いた。伸ばされた右手が、牡丹に触れる。
しかし次の瞬間、ぐしゃりと鈍い音が響いた。
「何をっ…おやめくださいっ、お手が…!」
突然の荒々しい行動に、荀彧は咄嗟に帝へ取り縋った。
しかし、止まらない。右手だけでなく左手も。目に留まる牡丹を、片っ端から毟っては投げ捨てていく。
「脆い…なんと、醜いっ…!」
「陛、下……っ」
昂る気持ちのまま牡丹が蹂躙されていく様を、荀彧は見つめることしかできなかった。

「はぁ……は…」
牡丹の残骸で足元が埋まる頃、ようやく帝の動きが止まった。
肩で息をする背を、荀彧は撫で擦りながら囁く。
「陛下…これ以上はいけません」
帝は黙りこくっていた。しかし荀彧に促されて、ようやく足が動き出す。
そのまま二人は連れ立って、雨を凌げる廊下まで戻った。
「このまま、宮中までお送りいたしますから……っ!」
そう切り出した直後、荀彧はいきなり抱き寄せられた。
「陛、下っ……!?」
あの星降る夜と、同じように。回された手に強い力が籠る。
帝の装束にたっぷりと含まれた水気が、荀彧にも布越しに伝わってくる。
肌を刺すような冷たさと、それに反するかの如き熱情を突きつけられ、喉の奥がひゅっと鳴った。
「い、いけませんっ」
否が応にも悟ってしまう。これは最早、一時の昂りや気の迷いなどではないのだと。
「どうか、お離しくださっ……ぁっ!」
抗おうにも、相手は帝だ。乱暴に振り払うことも躊躇われて。
狼狽えているうちに、首許に顔を埋められてしまう。刹那、ひりついた痛みが走った。
「あ、あっ……」
首筋に吸いついた唇から、柔く生暖かい舌が覗いた。そのまま、耳朶の裏まで這っていく。
抱きすくめられたことで冷やされてしまった体には、尚更堪えた。背筋が逆立ち、震えてしまう。
荀彧から力が抜けていくのを感じ取った帝は、背後の壁へと追い詰めた。
「やっ、陛下……んぅっ!?」
強引な口づけが。言葉も、息すらも、奪っていく。
「ん…ぁ……ぅ……あ…んぁっ……!」
左頬を捕らえられ、腰にはしっかりと腕が回されている。
どこにも逃れることができないまま、荀彧は激しく口内を犯され続けた。

「っ……ぁ……はぁ…は……」
やっと唇を解放される頃には、頭が朦朧としていた。
喘ぎのような浅い呼吸を繰り返し、なんとか息を取り込もうとする。
自然に眦が熱くなり、涙が滲んだ。
「荀、彧……っ」
苦しげな声で、帝が名を紡ぐ。その右手は、荀彧の頬をねっとりと撫で回した。
指先から伝わるのは、糸のように絡みつく明確な欲。
「あ……あぁ……」
光の失せた瞳が。果ての見えない闇が、目の前に迫り来る。
頬を弄んでいた右手は、ついに胸元の外套の留め具を握り締めた。
「っ……」
呑み込まれゆく恐怖が、喉を締め上げる。言葉が、出てこない。

「………!」
急に、帝の動きが止まった。
「っ……ぐ……」
忌々しげに表情を歪めたかと思うと、突然、荀彧から手を放した。
握り締めた拳を戦慄かせ、何かを振り払うように頭を振る。
そのまま踵を返すと、足早に去っていった。
「あ……」
残された荀彧は、よろよろと壁に凭れかかる。
帝の消えていった方向に、ただぼんやりと視線を送った。


「文若殿っ!」
足音と共に、名を呼ぶ声が届く。
振り向いたそこに、驚愕を顔に貼りつけた荀攸がいた。
「文若殿、これは…」
「いえ、その…っ」
言葉を濁そうとする荀彧だったが、刹那、肩をがっしりと掴まれる。
「一体、何事ですか」
問い質そうとする荀攸は、抑え切れない怒りを滲ませていた。
少なくとも、見た瞬間に理解はできた。何者かが荀彧に無体を働いたということを。
濡れた装束に、乱された首許。そして、やけに黄色く鮮やかな左頬。
よく見れば、それはくっきりと人の手の形となって、荀彧の貌に張りついているのがわかる。
「…っ、失礼します」
荀攸は指を伸ばして、軽く荀彧の頬を払った。黒手袋の先が、鮮明な黄色に変わる。
擦り合わせたそれは水に溶けた粉のようであり、匂いもない。強いて言えば、微かな草の香りがした。
「花粉…?」
自分で呟いたその言葉に、はたと荀攸は辺りを見回す。
「確かこの辺りに、牡丹が植えられ……っ」
視線の先、雨に濡れた花壇に気づいた荀攸は、言葉を切った。
ある筈の花はひとつもない。無惨に首からもがれており、地面には大量の花弁が散らばっていた。
明らかに、人の手に拠る暴挙の痕跡だった。
「…なんということ」
あの花壇は、女官たちが日頃、帝のためにと手間暇かけて整えている場所。
いかな目的であろうと、そこに手を出すなど許されぬ行為である。
「文若殿、貴方を襲った者の顔はわかりますか?」
「……っ」
その問いには、咄嗟に言葉が出てこなかった。
告げるのは簡単だ。だが、もしも告げてしまったら。彼の人の乱行が知られることとなる。
ようやく新しい体制が整い始めた今、下手な混乱を招いてはならない。
まして。ましてこのような、個人的な感情を向けられているなど。自分でも、信じ難いのに。
「…申し訳、ありません。突然襲いかかられたので、はっきりとは…」
「そう……ですか」
視線を合わせようとはしない不自然さを、荀攸が見逃す筈もなかった。
事態は思う以上に深刻らしい。荀彧がこんな風に動揺し、且つ、詳細を語ろうとしないとは。
一体、誰なのだ。荀彧をここまで追い詰め、憔悴させるなど。

「ん…?」
荀攸の視界が、荀彧の腰の辺りを捉えた。
そこにも、薄紫の装束に黄色い汚れが付着している。
それもまた、くっきりとした人の手に象られていると認識した瞬間、嫌悪感が頂点に達した。
「っ…!!」
牡丹を無粋に荒らした手で、荀彧を襲った上、痕を残して。
まるで彼は我が物であるとでも言わんばかりの、傲慢な証に見えた。
「文若殿、このままですと染みになってしまいます。戻って着替えましょう」
思わず知らず早口になりながら、荀攸は再び荀彧へと頬を伸ばす。
「っや…」
頬を取られた瞬間、荀彧はびくりと肩を震わせ、半歩後ずさった。
慌てて荀攸は手を放す。恐ろしい目に遭ったばかりの彼に、なんと急いた真似を。
「すみません。無礼を………っ!!」
後悔しながら己の手を見て、更に荀攸は打ちのめされる。
黒革の手袋が、不気味なまでに鮮烈な黄色に染め上げられていた。
「ぐ、ぅ……!」
何者かが、荀彧を掻き抱いた。
拭い去ろうとも拭えぬ事実に、歯軋りせざるを得なかった。





「陛下……!?」
董承は、自分の全身から血の気が引いていくのを感じた。
今の今まで後宮にいるものとばかり思っていた帝と、そこへと続く廊下の入り口で鉢合わせたのでは無理もない。
しかも帝は、全身ずぶ濡れだ。目も当てられない姿で佇んでいる。
「ああ…すまんな、勝手に抜け出して」
帝の力のない笑顔が向けられる。
それを見た董承は、弾かれたように帝へと駆け寄った。
「いけません、早く着替えを…!」
装束から何からすべて、雨にやられている。
とりあえず肩の上掛けだけでも取ろうとしたが、伸ばした手は拒絶された。
「いい」
「ですが、こちらもかなり濡れて……陛下?」
狼狽する董承の耳に、微かに漏れ聞こえる声が入る。
「っ……はは…ははは……」
「陛下…っ」
それが帝の自嘲と気づいた時、ぞっとするほどの恐怖が董承の背を伝った。
上掛けを握り締める帝の左手には、血の筋が浮き出ている。

「よい、香りだ」

雨水に流されることなく漂う、想い人の香の匂い。
今しがた抱き寄せた温もりが、ありありと呼び起こされる。
「っ……」
黄色く染まってしまった、己が右手に視線を落とした。
鼻を近づけて、嗅いでみても。そこからは何の匂いもしない。
「荀彧……荀、彧っ……」
うわ言の様に、愛しき名を繰り返す。
激情のままに彼をこの腕に閉じ込め、頬を汚し。彼を見た時、どうしようもない征服感に囚われた。
自分と同じ汚れに染まり、怯える彼。ああ、やっと。やっと近くに。我が手の内に。
際限なく膨れ上がり、とうとう破裂寸前だった想いは、聞こえた足音が踏み抜いていった。
足音に邪魔されなければ、と少しでも思った自分が、果てしなく情けない。
無駄だ。どうせ今頃、雨によって。そして駆けつけた足音の主によって、汚れは洗い流されていることだろう。

そなたは、狡い。
こんなにも近くに、そなたの香りを。姿を、感じることができるのに。
こんなにも、そなたは私の心を、容易く縛り上げるというのに。
香り無き者が爪痕を残すことなど、夢のまた夢。




2019/05/07

top