menu

曇天日和

どんてんびより

隷属の華【三】

守宮令の仕事は、単調そのものだった。
洛陽に届く紙や新しい竹簡、筆を検め、所定の棚に整理する。
古くなった筆や、帝が書き損じた紙はその都度処分に回す。
時には、何年も使われていない道具を洗ったり、虫食いに遭った紙を干したり。
それらをきっちりやり遂げたとしても、午前中には殆ど全ての仕事を終えてしまう。
あとは日がな一日、狭く墨の匂いが染み込んだ部屋で過ごすだけ。

帝の御手が直接触れる物を扱う以上、決して与えられた任を疎かにつもりはなかった。
それでも、生産性のない日々を繰り返していることは感じていた。
「……」
文具の棚と、文机だけがある、がらんどうとした部屋。そこにただ一人いる自分。
どうしようもない虚無感と孤独感が、荀彧を包んだ。

以前は宦官が就いていた職らしく、過去には何人もの宦官がここで暇をもて余していたようだ。
しかし彼らは袁紹によって一斉に粛清され、守宮令を担当する者がいなくなってしまった。
更に驚かされたのは、守宮令の管轄者は荀爽よりも老齢で、耄碌した老人だったことだ。
初日に大まかな任務内容について案内されて以来、宮中にも来ていないのか一度も会っていない。
現状、荀彧一人で守宮令の職務は成り立っていた。

元より、一人か二人いれば十分な職だ、というのが実際に働いてみての率直な感想だ。
潁川ではここでの何倍もの働きをしていた荀彧にしてみれば、一人であろうと何も負担にならなかった。
むしろあまりにも、内容の薄い退屈な毎日でしかない。

「あ、っ」
文机の横に、くしゃくしゃの紙が落ちていた。恐らく帝の書き損じた紙だ。
午前中に全て処分したつもりだが、一枚見落としていたらしい。
守宮令の部屋に運ばれてくる書き損じの紙は全て丸められており、今まで検めたことはなかった。
だが、ふと気になって荀彧はそれを広げてみた。

蚯蚓が走ったような、所在なさげな文字が並んでいる。
これを書いた精神状態が一目で伝わる程の、か弱く華奢な筆跡。
皇帝らしい品格はおろか、幼子らしい溌剌さも、何一つそこには感じられなかった。
「陛下…」
荀彧は悄然とした面持ちで、それを握りしめた。

何のために、自分はここにいるのだろう。
何のために、洛陽までやって来たのだろう。
わざわざ名指しで呼び出されながら、荀攸たちと肩を並べて足掻くことすら許されず。
今にも潰されそうな幼い帝の盾となることも出来やしない。
これほどまでに自分は、矮小な存在でしかなかったのか。


かたり、と音がした。
「はい?」
誰かが来たのかと思い、部屋の入口に視線を向ける。
次の瞬間、荀彧は絶句した。
「な…」
簡素な服に身を包んだ、幼子がぽつねんと立っていた。
だが心細げなその表情のいたたまれなさを、自分ははっきりと覚えている。
「へ、陛下っ…!?」
荀彧は顔を真っ青にして駆け寄り、跪いた。
「このようなところまで、まさかお一人で!?」
「ひとりで、来た」
「いくら宮中とはいえ、供もつけずに…御身に何かありましたら」
「董卓から、はなれたかったのだ」
光のない瞳で、帝は訴えた。
「お供は、どうせ董卓の部下のだれかになる。それもいやだった」
「陛下…」
茫然となる荀彧を前にして、帝は静かに切り出した。
「荀彧。わたしに手習いをしてほしい」
「え?」
「わたしは、字がきたない。何度書いても、うまく書けない。あれのように、紙をたくさんむだにした。見たのだろう」
帝が、文机に置かれた書き損じの紙を指差す。
「申し訳ありませんっ…!」
荀彧は咄嗟に頭を下げるほかなかった。
勝手に己の字を、それも書き損じを見られた帝の心境を思い、罪悪感に駆られる。
帝は荀彧を咎めることはなかった。ただ首を振って、言葉を紡いだ。
「わたしはもっと、きれいな字を書きたい。でも、うまくいかない。手がふるえてしまって、何を書いてるのかもわからなくなる。だから教えてくれ。きれいに字を書くやり方を」
気づけば、その目は涙で赤く滲んでいた。しかし視線は真っ直ぐに荀彧を見据えている。
泣くまいと真一文字に引き結ばれた口元は、かすかに震えていた。
「っ、陛下…」
それは荀彧が初めて見る、帝の激しい感情と意思だった。
なんといじらしく、ささやかな願い。それを口にするのに、どれほどの覚悟が要ったのだろうか。
玉座に座るには余りにも幼い、だが漢室を背負わねばならぬ天命の子。
こんな片隅にいることしかできぬ今の自分では、何も出来ぬと思っていた。
だがそれでも。必要とされるならば、ただ一時でも。
「…かしこまりました。この若輩でよろしければ。では、こちらへ」
荀彧は精一杯微笑みながら、帝を文机の前へと誘った。


「陛下、筆はなるべく真っ直ぐ立ててお持ちしましょう。中指も添えた方が筆が安定しますよ」
「わかった。こう、か?」
「ええ、その通りです。あまり指先には力を入れませんように…手首は柔らかく動かして」
時折手の形を整えたり、支えてやりながら、荀彧は筆筋の手ほどきをしていく。
なるべく分かりやすくと心掛けた荀彧の言葉は、帝の耳にもすんなりと入ったようだ。
要所要所を直すだけで、帝の字はあっという間に芯の入ったものとなっていく。
「…いつもより、きれいに書けた気がする」
出来上がった手習いの字は、幼さを宿しながらも伸びやかなものとなっていた。
「ああ、これは…お見事です。とても線が美しくなりましたよ」
「ほんとうか!」
荀彧の賞賛を受け、これまでになく子どもらしい笑顔が覗いた。
この姿こそが、本来の帝なのだろう。いかに日頃、抑圧されているかを思い知る。
決して、元から悪筆なのではない。そのことは、短時間で上達した筆跡を見て十分に悟った。
帝が筆を執る時、背後には必ずあの男がいる。
その視線が、無意識に帝の心を圧迫し、手先を乱しているのだろう。
「なんだか、とても楽しかった。こんな気持ちで書けたのは初めてだ」
「それは、本当にようございました」
荀彧が笑いかけると、帝ははにかみながら告げた。
「荀彧のおかげだ。それに、そなたからはいい香りがする。なんだかとても、心が落ち着いて書けた」
「へ、陛下…畏れ多いことでございます」
まさか身に纏った香を褒められるとは思わず、荀彧は面食らった。

洛陽に来てから、初めてともいえる程に穏やかな時間。
しかしそれは、近づいてきた激しい足音に破られた。

「っ…!」
足音にいち早く気づいた帝が、体を強張らせる。
荀彧も、乱雑な響きを伴うそれが誰のものか、一発で悟ってしまった。
「陛下っ!!」
バンと激しい音を立てて入口の扉が開かれた。
すぐさま入ってきた醜い巨体が、狭い小部屋に異様な圧迫をもたらす。
帝と荀彧の想像した通りの人物が、二人の前に現れた。
「陛下、見つけましたぞ…!」
顎鬚に覆われた口元が下品に歪む。その目は冷たく帝を見下ろす。
「………」
帝の表情から、今まで表に出ていた子どもらしさがすっと消えた。
瞳からも光が消え失せ、たちまち脆弱な幼帝の姿へと戻ってしまう。
傍らで控えていた荀彧は、その凄まじい変化をただ見守ることしかできなかった。
「貴様、守宮令の分際で!」
董卓は荀彧に目を向けると、彼にずかずかと近寄ってきた。
「あぅっ!」
胸倉を掴み上げられ、一瞬息が詰まった。
苦しさに顔を歪めた荀彧の前に、董卓の下卑た笑い顔が迫る。
「帝を勝手に連れ出してこのような奥でこそこそと…覚悟は出来ておるだろうな?」
「お、お許しくださいっ…あ、くっ…」
ギリギリと胸を締め付けられ、呼吸が浅くなる。
「やめよ。わたしが勝手に来たのだ」
帝が割って入ろうとするが、董卓は尚も荀彧を締め上げた。
「だとしても、帝が宮殿からいなくなれば大騒ぎになるとわかっていて、お連れ戻さなかったのは言い訳ができぬぞ」
「っ…申し訳、ございませっ…」
「董卓。わたしが荀彧にわがままを言ったのだ、荀彧を責めてはならぬ。ならぬ。ならぬ」
これ以上荀彧を苦しめたくない一心で、帝は言葉を繰り返す。
董卓を刺激しないよう、ただ静かに、淡々と制止の言葉を言い続けた。

「…ふん」
必死な帝に多少心変わりしたのか、董卓は手を離した。
「っは、けほっ…はぁ…あっ」
縛めを解かれたはいいが、息を整える間もなく荀彧は顎を捕まれた。
無理矢理首を上げられると、不遜な眼差しが目の前に迫る。
「今回は陛下に免じてやる。だが次に同じ事をしたらただではすまぬぞ、覚えておけ」
「うっ」
そのまま突き飛ばされた荀彧は、床に倒れ伏した。
「さあ陛下、帰りますぞ」
「ああ」
董卓に促され、帝はすっと立った。
「陛下…!」
まるで人形のような立ち姿に、荀彧はゾッとした。
十にも満たない子が、こんな風に心を閉ざすことができるなど。
先程まで見せていた年相応の表情など、全ては夢幻だったかのようで。
「申し訳、ございませぬっ…」
去り行く背中に、荀彧はひたすら頭を下げ続けた。
たったひとときの安寧すら与えられぬ自分を、呪った。






それから数日が過ぎた頃。
手伝ってほしいと荀爽に呼ばれた荀彧は、夕方、指定された書庫の前に来ていた。
「慈明殿。参りました」
『おお、文若。入ってくれ』
扉越しに声をかけると、妙にくぐもった声が聞こえてきた。
いくら扉一枚隔てているとはいえ何か変だと思いつつ、荀彧は扉を開けた。
「え…慈明殿?慈明殿?」
いくつもある書庫の中でも、大して広い部類ではない。入口から奥まですべての範囲が見通せる狭さだ。
にも関わらず、聞こえた筈の声の持ち主が見当たらない。
当惑しながら奥へと入ると、今度は背後から声が聞こえた。
『すまんすまん、ここだ』
「えっ?」
振り返ると、入口の床板がガタリと音を立てて跳ね上がった。
驚く間もなく、板の下から人影が出てくる。
「じ、慈明殿!?」
「驚かせたな、悪かった」
荀爽は立ち上がると、体についた土埃を掃った。
「ここは一体…?」
荀彧は恐る恐る、荀爽が出てきた床板を覗き込んだ。
驚いたことに、そこには下へと続く階段があり、土壁に覆われた空洞が見える。
「私もこの間発見してな。どこかに繋がってるのかと思いきや、ただの洞なのだ。恐らく、宮殿が火事等に遭った際、竹簡や書物を投げ込むための場所だろう」
「なるほど、火を避けるためのものですね」
「ああ…」
ため息交じりに、荀爽は書棚に収められた史記や漢書を眺めた。
「正直なところ、この先何があるかわからぬ。重要なものだけでも移しておこうかと思ってな」
「かしこまりました」
紡がれてきた先人たちの知恵も歴史も、燃えてしまえば全てが灰だ。
書物を守るのも文官の務めである。荀彧は荀爽と共に、ひたすら作業に励んだ。


「流石に今日はもうよいか。すまんな、このようなことで呼び出して…」
半分程書物を地下に移したところで、荀爽はすっかり夜になっていることに気付く。
「いえ、私は無聊を託っていただけですので。何かございましたら、いつでもお声掛けください」
荀彧としては、特に何かを意識して言った言葉ではなかった。
しかし荀爽は、かすかに眉間に皺を寄せた。そしてすぐ、穏やかな笑顔を取り繕う。
「…助かった。しっかり休んでくれ、っゴホッ」
「っ、慈明殿!?」
やや激しい様子で荀爽が咳き込んだ。荀彧は咄嗟にその背中を撫でる。
「ああ、すまんな…この程度のことで疲れるなど、歳は取りたくないものだ」
「慈明殿…叔父上こそ、ご自愛くださいませ。では、これで」
甥として気遣いの言葉をかけてから、荀彧はその場を後にした。
その背中を見送りつつ、荀爽は彼に気付かれないようため息をつく。
「…何故、守宮令なのだ」
急に司空として抜擢され、荀爽は今まで以上に董卓や帝の傍近くに謁見する機会が多くなっていた。
故に、帝の下に運ばれる硯が常に磨き上げられており、筆の毛先は古いものでも新品のごとく整っていることを知っている。
荀彧が、出来る限り職務を全うしようとしているのはわかっていた。
だからこそ虚しく、哀れに思う。雑用のごとき任でしか力を尽くす機会を与えられていない彼を。



「…?」
廊下を歩く荀彧の耳に、遠くでざわめくような音が届いた。
不思議に思い、欄干から宮殿を眺める。大階段で、松明を持った兵士たちが右往左往していた。
何か変事でもあったのだろうか。胸騒ぎを覚えたその時である。
「…え?」
横で、ガキッという金属音がした。目を向けると、欄干に鉤のようなものがかかっている。
暫しそれが小刻みに揺れたかと思うと、暗がりからぬっと人影が飛び込んできた。
「っ…!?」
「む!」
手に鉤縄を持った、その人影と視線が合う。
薄闇の中で確固たる意志を秘めた瞳が、荀彧を射抜いた。
「追っ手、ではなさそうだな」
落ち着いた声と共に、人影が近寄ってくる。
僅かにではあるが月明かりも後押しし、顔の輪郭が荀彧の目の前で確かになった。

「…曹操、殿?」
宮中で一度か二度、遠くから姿を見かけたことがある。
どこか威厳も漂う立ち振る舞いに、思慮深い顔立ち。
董卓や、袁紹ら諸侯に比べて小柄ながら、引けを取らぬ存在感を放っていたように思う。
「ほう、わしの名を知っているか」
素早く鉤縄を回収し、曹操は口元に笑みを浮かべた。
しかし、余裕そうな表情とは裏腹に、額にはうっすらと汗がにじんでいる。
そのことに荀彧が気づいた瞬間、下の方から怒号が響いた。
「どこだー!どこに逃げたー!?」
「不届き者を逃がすなー!!」
ざわめきは次第に大きくなり、こちらへと近づいてくるのがわかる。
どうやら彼は、追われているらしい。
「…曹操殿、こちらへ!」
荀彧は咄嗟に声をかけた。自分でも、何故そんな言葉が出たのかよくわからない。
しかし、彼は追われるべき罪人ではないと、直感がそう告げた。
「ほう?」
曹操も、突然の荀彧の対応を訝しむ。
「こちらに書庫がございます、そこなら追っ手をやり過ごせましょう」
「…そうか」
「もし私が怪しい動きを見せれば、切り捨てていただいて構いません」
荀彧は真剣な眼差しで言った。曹操は一瞬だけ目を見開いたが、すぐに不敵な笑顔に戻る。
「ふ、よかろう」
どうせ一か八かの状況である。己の頭の内を見透かしたこの青年に、命を懸けてみるのも一興だと思った。


「こちらです」
荀彧は曹操を引き連れて、先程の書庫まで戻ってきた。
入口を開けると、すぐさま床板を跳ね上げる。曹操もこの仕掛けに驚かされた。
「これは…」
「申し訳ありません、唯の空洞でどこにも繋がってはおりませんが…」
「十分だ」
曹操は素早く、地下へと潜り込んだ。荀彧はすぐに床板を戻し、その上から竹簡の入った箱を置く。
そのまま書庫の外に出て、入口に立った。

まもなく複数の足音が近づき、書庫前がにわかに明るくなる。
「失礼致す」
松明に照らされ、屈強な武人が姿を現した。荀彧もその武名は聞き及んでいる。
「張遼殿…夜分にお役目、御苦労様です。このような場所までいかがなさいましたか」
荀彧は拱手の礼を以て出迎える。張遼もまた、荀彧に敬意を示した。
「お心遣い、痛み入る。実は先程、宮殿内部に侵入した者が現れ、逃げたとの報告が入り申した。この近くに潜んでいる可能性があるため、中を検めさせてもらってもよろしいか」
その言葉に、少しだけ己の脈が跳ねるのを感じる。しかし荀彧は、努めて冷静に振る舞った。
「ええ、構いません。ですがここは書庫なので、松明は入口のみで控えていただいてもよろしいでしょうか?」
「承知仕った。では」
張遼は一礼して、書庫へと足を踏み入れた。
入口の松明の光を頼りに見回すが、その狭さに張遼は目を瞬かせる。
人の気配はおろか、書物も棚から半分近くなくなっている。隠れる隙間ひとつ見当たらない。
「うむ…随分と窮屈な場所ですな」
「こちらは、書庫の中でも僅かに歴史書等しか置いてありません。もう少し広い書庫でしたら、この先にございますが…」
「わかり申した、ではそちらを当たってみよう。ご協力、感謝申し上げる」
張遼は荀彧に一礼し、荀彧が手で差し示した奥の書庫へと走っていった。手勢もそれに続く。
足音と松明が遠のくまで、荀彧は息を潜めて見守っていた。


やがて、書庫の前を闇と静寂が再び支配する。
荀彧はほう、と大きなため息をついて、書庫の中へと入った。
「曹操殿、どうぞ」
竹簡の箱をどかしながら声をかけると、ゆっくりと床板が上がった。
その下より、曹操が静かに這い出てくる。
荀彧はさっと、曹操に手を差し伸べた。曹操はその手を支えに立ち上がる。
「…何故わしを助けた?」
荀彧を見るなり、曹操は笑いながら訊ねた。
何の罪で追われているかもわからぬ男をかくまうなど、余程の酔狂だ。
若い文官が、よくぞここまで大胆な行動に出られたものである。
「私にも、正確には…直感としか言いようがありません」
荀彧は、力なく首を振るに留めた。正直なところ、自分でも己の選択した行動に驚きを隠せない。
ただ、自分を見据えてくるその力強い目と視線がかち合った時、感じたのだ。
決して、罪人ではないと。今董卓の前に突き出してはならぬ男だと。

「お主、名はなんと言う」
「恐れ入ります。守宮令の荀彧、字を文若と申します」
「荀彧…か」
その名自体は初耳でも、名門荀家の出であることはすぐに悟った。
改めて曹操は、目の前の荀彧を眺め回す。
線の細い文官でありながら、あの張遼を欺き切った胆力。
涼やかで品のある風貌に、深い聡明さを宿した瞳。
才気を感じさせるこの青年を、曹操はいたく気に入った。
「礼は言わぬ。またいつか会えた時に、改めてな」
曹操はそれだけ言い残し、書庫を出て素早く宮中の闇へと消えていった。



『曹操が董卓の暗殺に失敗し、洛陽から逃亡した』
その話は、翌朝には宮中の誰もが知るところになった。





2018/06/11

top