menu

曇天日和

どんてんびより

隷属の華【二】

「荀文若。これよりは帝の御為、微力ながら才を尽くします」
誂えた青い装束に身を包み、荀彧は最上の礼を示した。
「よろしく、たのむ」
なんとも弱々しい、子どもの声色が頭上から届いた。
それをかき消すかの如き、濁った声が続いて響き渡る。
「やっと潁川からも見込みのある奴が来たようだな。何年も推挙を渋っていたかと思えば、このような奴を隠していたとは」
「…っ」
「何をしている、陛下の御前であるぞ。面を上げんか」
「は、はい」
恐る恐る、 伏せた顔を上げる。
まだ少年にすら満たない幼子が、生気のない顔で玉座に座っていた。
動乱の波に、今にも呑まれてしまいそうで、痛ましい。
そして隣には、対照的なほどに図体の大きな男が控えている。
いや、控えているというには、あまりにも存在が大き過ぎた。勿論、悪い意味で。
「ほぉ…これはまた、随分と見栄えのする顔立ちよ」
董卓は、舐める様な視線を荀彧に向けた。
おぞましさを伴うそれに、背筋を強張らせる。

黄巾の乱の鎮圧にも功があり、異民族相手にも引かなかったと噂には聞いている。
宦官に拐かされていた幼い先帝と帝を保護して洛陽に帰還し、混乱した宮中をたちどころに把握したとも。
もしもそこまでであれば。一癖二癖はあろうとも、それなりに何かが傑出した人物ではなかろうかとも思えた。
だが、己が一存で先帝を玉座から引きずりおろし、新しく帝を擁したことは到底許されるべき行為ではない。
その不遜さは、決して漢室の矛となり盾となるような英雄の器ではない。
そして今、玉座の向こうから自分を見下ろす男の異様な圧を見て、その思いは確信に変わる。

この男は、危険だ。
己の権力欲を満たすためなら、この先どのような悪事も成し遂げてしまうだろう。

「荀彧といったな。貴様をまず…守宮令に任命する。宮中の皆、そして陛下が使う大事な紙と筆だ、いかに地味な仕事であろうが、決してその責務怠るなよ」
「はっ…慎んで、拝命いたします」
荀彧はもう一度最上の礼を尽くしながら、帝を仰ぎ見た。
背後にいる董卓に怯えているのは、一目でわかる。
帝とはいえ、右も左もわからぬようないたいけな幼子だ。国を背負うにはあまりにも小さい。
救いを求める様な眼差しを、自分に向けてくるのが耐えられなかった。
今の自分に、この帝を救う力も権限もない。それがたまらないほど歯痒く、申し訳なかった。



「彧…もしや、彧ではないか?」
玉座の間を出たところで、ふいに後ろから声をかけられた。
「はい?」
振り返ると、浅黒い肌に真っ白な髭を蓄えた老文官が立っていた。
顔の皺や白髪からかなり高齢と見えるが、背筋は真っ直ぐで、荀彧とほぼ同じ目線だ。
何よりもその面差しは、荀彧にとってどこか懐かしさを感じさせた。
「ああ、やはり…」
老文官は、振り返った荀彧の顔を見るなり、顔を綻ばせる。
「私だ、荀慈明だ」
その名を聞き、荀彧の顔色が変わった。慌ててその場に畏まる。
「叔父上…!っ、慈明殿。お久しゅうございます」
「いやいやかまわぬよ。どれ、もっとよう顔を見せてくれ」
荀爽に促され、荀彧は静かに顔を上げた。
最後に会ってから、実に二十年近い月日が流れている。
記憶の中の荀爽はまだ壮年で、色白且つ髪も髭も黒曜石のような色をしていた。
改めて見れば、肌以外は晩年の父に面影が似ている。懐かしさを覚えるのも道理だった。
肌は恐らく、南方での隠遁生活のうちに日焼けしてしまったせいだろう。
「それにしても、なんという男ぶりか…兄上かと思うたよ」
愛らしい幼子だった甥の成長ぶりに、荀爽は目を細めた。
幼少の頃より片鱗は見せていたが、目の前の青年からは一目で類稀なる聡明さを感じさせる。
その端整な面立ちは、荀彧の父であり自身の兄、荀緄の若かりし頃と重なった。
「ああ、今から公達たちに会いに行くところだったのだ、お前もどうだ?」
公達の名が聞こえた瞬間、荀彧の眼が輝いた。
「は、はい…ぜひ!」
彼の背を追いかけて幾星霜だろう。やっと、会えるのだ。


「ああ、いたいた」
荀爽の後ろを付いていくと、宮殿の中庭に出た。
池の近くの壁で、三人の男性が何事か喋っているのが見える。
そのうちの一人に向かい、荀爽は声を張り上げた。
「公達!」
荀爽の呼びかけに、三人のうちで最も若そうな輪郭の、そして小柄の男性が振り返る。
こちらに向いた顔を見た瞬間、荀彧はこみあがる気持ちを抑えきれず、その名を呼んだ。
「公達殿…!」
見送ってから、実に十年近くは経っただろうか。
成人当時と違い、無精髭の目立つ顔には貫禄が滲んでいる。
それでも、見間違えようはずもなかった。
「…文若、殿!?」
自分に近づいてくる人物が誰かを悟った瞬間、荀攸の目が驚きに見開かれた。
「お久しぶりです、公達殿。御息災のようで何より…」
無事に、そしてようやく再会できた喜びに、自然と荀彧は笑顔になる。
荀攸は茫然とした面持ちで、その曇りなき美貌を見上げた。
「…なんと、ご立派になられたのか」
ようやく絞り出された荀攸の声に、感慨が滲む。
自分よりも頭一つ高い美青年となったその姿に、見惚れた。
「いいえ、この通り背丈ばかり大きくなってしまいまして……あの、いかがなさいました?」
自分を見つめたまま押し黙ってしまった荀攸に、怪訝な表情を返す。
荀彧の視線にやっと気づいた荀攸は、慌てて頭を振った。
「い、いえ。申し訳ありません」
とんだ失態だ。我を忘れて、無遠慮に見つめてしまうなど。
最後に月の下で語らった夜、確信は持った。自分など及ぶべくもない人となるだろうと。
それにしても、だ。
気品と知性を備えた、涼やかな瞳。細面で凛とした顔立ち。すらりと伸びた肢体。
何もかもが、想定以上に美しくなっていた。

「なるほど、あんたが噂の荀彧殿か!いやいや、とんでもない見目麗しさよ」
荀攸を押しのけて、大柄な男性が躍り出た。
その迫力に一瞬圧倒されるも、荀彧は改めて礼をする。
「名乗りもせず、失礼いたしました。潁川より参りました、荀文若と申します。以後お見知りおきの程を」
「こいつはご丁寧に。俺は何顒、字は伯球だ」
「文若、こちらは王允殿。乱の平定の際は、この方の幕下に加えていただいたのだ」
「…王子師と申します」
荀爽の紹介を受け、やや生気のない顔立ちをした中年の男性が頭を下げる。

「しかしなんだ…荀攸殿、本当に荀彧殿はお前と同族か?まるで違うではないか」
何顒は荀攸と荀彧、二人の顔を何度も見比べた。
その露骨な視線を、荀攸は眉を顰めながら睨み返す。
「俺が荀家の者らしい風采を持っていないだけです。文若殿に失礼です」
「はあ、そうかいそうかい」
不機嫌な眼差しに、何顒は首を竦めた。今度は、荀彧と荀爽を交互に見て頷く。
「荀爽殿の甥御様と思えばしっくり来ますねぇ。どことなく似ておいでです」
「私の二番目の兄の子なのだが、何しろ驚かされたよ。若い時の兄が現れたかと…」
「ほほぉそうですか!荀家は名声だけでなく、見目も立派な人物が揃ってるんですなぁ…」
何顒は何を思ったか、ずいっと顔を突き出して荀彧を見つめた。
「あ、あの…?」
「何顒殿、失礼です!」
初対面だというのに距離感も何もない何顒に、荀攸の厳しい声が飛ぶ。
しかしお構いなしとばかりに、何顒は荀彧の容貌を眺め続けた。
「…ああ。いい顔立ちだ。単に整ってるってだけじゃなくな。頭の良さが滲み出てらぁ」
それまでの豪快且つ軽さを含んだ様子から一転、真面目な口ぶりになる。
視線の奥に、隠し切れない鋭さと強かさが見えた。
「そうさな、あんたは自分が頂に立つ性質じゃねえな。その賢さは下についてこそ映えるだろうよ。さしずめ王佐の器…と見た」
「も、勿体ないお言葉です。ですが…今の私には」
荀彧は力なく首を振った。たった今、玉座の間において、己の無力さを思い知らされたばかりである。
あまりにも幼い帝。意のままに振る舞う佞臣。その構図をただ眺めるしかない自分。
覚悟を決め、ようやく辿り着いて、目の前にした洛陽の真実。それは荀彧を一度打ちのめすに十分だった。
「なぁに、今すぐってんじゃねえ。あの董卓の下で粉骨砕身働くなんざ俺もまっぴらだしな」
「何顒殿」
それまで黙りこくっていた王允が強い口調で制した。
何顒も、ややばつの悪そうな顔を浮かべる。
「おっと悪い。じゃ、同族水入らずの中に俺達は邪魔だな。王允殿、退散しときましょうぜ」
「…では、皆様方。これにて失礼いたします」
王允は恭しく一礼すると、何顒と共にその場から立ち去っていった。


「すみませんでした。ああ見えても何顒殿は、尊敬に値する有能な方ではあるんです」
荀攸が申し訳なさそうに頭を下げた。荀爽も苦笑いしつつ、荀彧の肩に手をやる。
「無頼漢を気取っているが、意外と繊細だし、人の善し悪しにはうるさいからな。お前が気に入られて、叔父としては鼻が高いよ」
「もう少しあの軽々しいところは直していただきたいのですが…」
「いえ、そのようなことは…」
押しの強い人物ではあったが、それほど気にならなかったし、むしろ内に隠した気骨に好感を持った。
それ以上に、何顒と王允が話の途中で立ち退いてしまったことに責任を感じた。
「こちらこそ申し訳ありませんでした。私のせいで、何か大事な話の腰を折ってしまったのでは?」
「文若殿が気にすることはありません、別にそんな、大した話ではなかったので…」
「そう、ですか」
元より感情が表に出る方ではないが、荀攸の目は若干泳いでるように見えた。
あまり立ち入ってほしくないという気配は感じたため、それ以上の追及は控えた。

「ところで文若、洛陽にはいつ到着したのだ」
荀爽も荀攸の表情を察してか、当たり障りのない話題へと切り替える。
「二日前ですね」
「そうか。すぐの出仕、ご苦労だったな」
「いえ…皆様が洛陽で身を粉にされている折に、何もお力になれず申し訳ありません」
荀彧の言葉に、二人の表情が固まった。
互いに顔を見合わせると、先に荀爽が口を開く。
「…すまぬ、文若」
「え?」
突然の謝罪に、荀彧は訝しむ。
「お前、無理矢理の推挙であったろう?」
「っ」
何故それをと聞く前に、今度は荀攸が言葉を続けた。
「董卓殿が政権を掌握された際、真っ先に行ったのはここ数年の人事の洗い出しでした。そこで、潁川からは数年推挙が途切れていたことを知られまして…」


『おい荀爽、荀攸!!』
董卓が宮中入りして間もなくのことである。
荀爽と荀攸は、二人して董卓に呼び出されて詰問を受けた。
『貴様らの出身である潁川からはここ最近誰も出仕しとらんようだな!どういうことだ』
『申し訳ありません。恐らくは、潁川太守の目に敵う者が見当たらぬのでしょう。情けないことにございます』
荀爽は冷静な弁舌で乗り切ろうとしたが、董卓はニヤリと嗤う。
『ほう……では荀攸よ、これはなんだ?』
控えていた荀攸に見せつけるように、手にしていた書簡を広げる。
紙に並んだ美麗な筆跡は見覚えのあるもの。
『それはっ。文若殿の…!?』
無表情だった荀攸の顔が引きつり、真っ青になる。
予想していた反応を得られたことに、董卓は満足げな笑みを浮かべた。
『先程潁川からお前宛に届いたんで、検めさせてもらったぞ。お前たちの同族だろう。流石荀家、賢さが滲み出ておるわな』
『ぐっ…!』
個人間の、それも荀彧とのやり取りを勝手に見られたことに、激しい嫌悪感が募る。
だがこれ以上取り乱すわけにもいかず、荀攸は拳を握りしめた。
『潁川は平穏だと聞いておる。有能な奴のおらん場所が、この戦乱の中で落ち着きを保てるわけがなかろう。ただでさえこの洛陽は人材が枯渇しているのだ、潁川で暇を託つなど断じて許さん。こやつを召し出させる』
恐れていた言葉が発せられた瞬間、荀爽は咄嗟に前に躍り出た。
『お待ちください!彼はまだ若輩の身なのです。どうか潁川で今しばらく任を続けさせてはいただけませぬか!』
『黙れ!!』
董卓は手にした荀彧の書簡を丸め、二人目がけて投げつけた。
『若輩だろうとなんだろうと構わん!帝の御為、身を削ってもらうぞ!』
董卓は高笑いを上げながら、その場を立ち去る。
『お待ちください、董卓殿!』
慌てて荀爽はその後を追うが、最早どうすることもできないのは悟っていた。

足元に転がった、ぐしゃぐしゃの書簡。
荀攸は震える手でそれを拾い上げ、中身を見た。
何進が死んだ後の、自分たちの動向や安否を気遣う悲痛な文章。
美しい筆致で綴られたそれを、ただぼんやりと眺めることしかできなかった。

彼が、洛陽に来る。来てしまう。
それは本来望んでいた、楽しみにしていたことのはずなのに。
どうしようもないほどの不安が、背中を這った。


「…そんな、ことが」
事の顛末を初めて知り、荀彧は茫然となった。
個人の書簡を勝手に見ただけでなく、その上であの脅しめいた推挙勧告の文書を送りつけてきたとは。
董卓という男の、傲岸不遜な性根を垣間見た思いだ。
改めて、背筋が薄ら寒くなる。今この宮中を掌握しているのは、そういう男なのだ。
「陰修殿が推挙を渋っているのは把握していました。潁川で一度は会った覚えのある者と、毎年顔を合わせる機会があったのに、ここ数年ありませんでしたから」
「はい…陰修様は、最後まで私が洛陽へ行くことに反対でした」
洛陽へと旅立つ際、悲愴な顔つきで自分を見送る陰修が脳裏に浮かぶ。
「陰修殿を責めるなよ。彼がお前を洛陽入りさせなかった判断は正しい」
荀爽には、同じ年長者として陰修の気持ちが痛いほど伝わった。
才ある若者を、その才が生かせるかどうかもわからぬ場所へ推挙せざるを得ない無念、如何ばかりか。

「…俺達も、本当は貴方には来てほしくなかった」
「っ…公達殿、そんな」
言わんとしている意味は理解できた。
それでも突き放されたような思いがして、荀彧の胸が締め付けられる。
「あ…失礼しました。本来なら、文若殿がお越しくださったのは喜ばしいのです」
切ない表情になった荀彧を見て、荀攸は慌てて弁解した。
荀攸とて、荀彧が推挙されたことを諸手を挙げて喜びたかった。状況が、歓迎できないだけだ。
自分が出仕した頃であれば、見込みはあったかもしれない。既に朽ちかけてはいたが、まだ舵を取る術はあった。
だが深刻な飢饉からの大規模な乱、そして宮中で繰り返される内部抗争。
今の荒んだ洛陽では、どれだけ優秀な人材であろうと、何程のことも出来ぬ。
まだ潁川で静かに、粛々と故郷のために才を尽くす方が、どれだけ本人のためになっただろう。
洛陽の騒乱を十年見続けてきた者として、思わずにいられない。

ふと気になって、荀爽は訊ねた。
「時に文若、お前は何の役職を仰せつかった」
「はい、守宮令にございます」
「「守宮令!?」」
荀攸と荀爽の声が驚きで重なった。
「なんと…他に文若には相応しい役があろうというのに」
守宮令は、帝をはじめ宮中の者らが使う紙や筆などを管理する立場だ。その意味では顕官ともいえる。
しかしどうあがいても職務自体は地味で退屈なもの。荀彧の才を生かせるとは思えなかった。
「いえ、帝や皆様のお手に触れる大切な紙と筆ですから…精一杯務めを果たします」
「……は、い」
荀攸は違和感を覚えた。
わざわざ指名して無理に呼び出しておきながら、あえて役不足な職務を押し付けるとはどういう心理か。
名士を要職に取り込むことで、各所からの反発を抑えるという目的からは脱していないだろうか。
「…っ」
色々考えを巡らせているうちに、ひとつの不安が頭を過ぎった。
守宮令の職務の場は、宮中でも奥まった所だと記憶している。洛陽に来たばかりの頃、一度だけ立ち入ったことがあった。
湿気が籠らないために設けられた風通しの窓がある以外、入口はひとつだけ。一種の隔離部屋といってもいい。
もしも、あのような狭い場所に押し込められたら。誰かが来ない限りは…

「…公達殿、いかがなさいました?」
「い、いえ…何でもありません」
荀彧に心配そうに問われ、反射的に首を振った。
馬鹿げた考えだし、ある意味荀彧に対して侮辱もいいところだ。彼は歴とした男性である。
まして董卓といえば美女に目がない。いくらなんでも、とは思った。
しかしそれでも、荀攸の心は一向に晴れない。
贔屓目なのかもしれないが、今の荀彧はあまりにも眩しく、美しく映る。
この比類なき見目の麗しさが、彼にとって災いとなりはしないか、と。

「文若殿…董卓殿にはお気をつけ下さい。恐らく、この国にとって益とはならぬお人です」
当たり障りのない忠告しかできない。荀攸はそんな己にもどかしさを覚えた。
「御忠告、胸に刻みます」
荀彧は荀彧で、董卓の危険性は十分察知している。
ただしあくまでもごく一般的な危機感として、荀彧は言葉を受け取った。
それが荀攸の真意からは離れていることに、気づく筈もなかった。




2018/05/31

top