menu

曇天日和

どんてんびより

芍薬を手折る(下)

「っ……う……」
甘く熟れたような香りがする。重く感じる瞼を、どうにか開けた。
「う…んっ……ぁ…」
項が、ずきりと痛んだ。思わず怯んでしまい、首を反対側へと傾ける。
ふわりとした感触と、強い芳香に頬を撫でられた。
「え………?」
ぼんやりとしていた視界が、少しずつ輪郭を確かにしていく。
ようやく瞳が認識した目の前のそれは、柔らかな薄紅色をしていた。
それが芍薬の花首だと悟った瞬間、荀彧の意識はようやく鮮明さを取り戻した。
「あっ!?」
飛び起きようとして、違和感に押し留められた。腕が、動かない。
それに、初夏とはいえ妙に肌寒い。何故。
己が状況を確めようと、頭を動かす。首元に感じる痛みをこらえながら、周囲を見渡した。
「あ、あ……っ!!」
息が詰まった。あまりにも異常な光景。
頭上に映る木々は、先ほどまでいた栗林と同じ。芍薬の香りに混じって、独特の青臭い匂いも感じる。
栗の木のたもとに敷布が敷かれ、そこに横たえられているらしかった。
装束をすべて剥ぎ取られた、一糸纏わぬ姿で。
「やっ……あぁっ…!?」
両手は後ろ手に縛り上げられ、思うように身動きが取れない。
いつの間にか裸にされ、外気に晒されている。その事実に、恐怖した。
「っ…!」
何とかして身を捩ろうとするたび、柔らかな薄紅が肌に触れる。芍薬の花だ。
右を向いても、左を向いても。香りが降りかかってくる。
花首から刈り取られた見覚えある芍薬は、まるで荀彧の貌を囲むように散らされていた。

「荀彧」
頭上から、名を呼ばれる。それと同時に、何かがばらばらと体に降ってくる。甘い香りと共に。
眼前に舞い落ちてきたそれもまた、薄紅。芍薬の花びらであった。
「やはり、そなたには芍薬が似合う」
「陛…下……!」
見上げたそこには、冕冠を外し、上着を脱いだ姿の帝がいた。
光をとうに失くした漆黒の瞳が、じとりと見下ろしてくる。
「み、見ない、で、くださいっ……」
裸を包み隠さず見られている。混乱と、羞恥と、恐怖とで、荀彧の眦が滲んだ。
せめて帝の視線から逃れようと、顔を背けた。
「っう!」
再び、ずきりと大きな痛みが首を苛む。その痛みが、曖昧になっていた記憶を呼び起こす。
気を失う前、自分は何をされたのか。帝に強く腕を取られて、振り解こうとして。
背後から思い切り、誰かに…。
「あ……」
罰、と言われたような、気がした。
刹那、別の気配を感じ取る。そちらを見やった。
「董…承……殿っ!」
想像した通りの顔が、向こうの栗の木より覗いていた。こちらを冷たい眼差しで睨んでいる。
「あ、あっ…」
帝だけでなく、董承にまで。裸体を見られていることを自覚し、切ない悲鳴が零れた。
あの時殴ってきたのは董承だ。では、このような姿にされたのも、すべて。
「よそ見をするな」
「あぅっ」
いきなり圧し掛かられて、顎を取られた。
「や、陛下……っん!う…いっ…!んぅ!」
無理矢理に口づけられ、下唇を噛まれた。微かに血の味が広がる。
痛みに思わず口を開けたところを、舌が滑り込んできて。余すところなく口内を犯される。
牡丹の花壇の前で受けた接吻よりも更に、それは暴力的な勢いを伴っていた。
「んっ…う、ぁ……は…ん…!」
息も、血も、唾液も、意識も、何もかもが吸い尽くされていくようだった。
苦しい。苦しい。
「ん、んっ……う、ううぅ……っ!!」
どうにか逃れようと頭を振ると、帝も息が続かなくなったか、ようやく解放された。
「っは……あ……」
離された唇から、銀の糸が伝う。
その様を、荀彧は朦朧とした眼差しで見やった。

「もう……いいのだ。何もかも」
帝は寂しげに微笑みながら、荀彧の頬に手を添えた。
「朕は、そなたさえいればよいのだからな」
皆が望むなら。乱世のためだというのなら、自分はこれまで通りの帝でいる。
その代わり。皆が自分に対してこうであれと望むように、自分も望むものを手にすればいいだけのこと。
こんな簡単なことを、何故もっと早くやれなかったのか。

「ここを、朕とそなたの、契りの場とする」

ここで、今から抱く。
本気でそう言われていることに、ぞっとした。
「い、やっ……おやめ、くださっ…お願っ……!」
必死に懇願しようとするのだが、怯えた声しか出てこない。
「陛、下っ……」
手酷く詰られることも、憤りをぶつけられることも覚悟の上で、董承の稚拙な策に乗ることを選んだ。
今ここで逃げ出さず、はっきりと向き合わなければ。すべてを尽くして相対しなければ、後戻りはできないと。
だが、遅かった。帝の中で渦巻き続けた苦悩と煩悶は、最早誰にも手に負えないものと化してしまっている。
これほどのおぞましい選択に、踏み切らせてしまうほどに。

『死門部隊、前へ出ろ!』
『『『おぉおおおー!!』』』

城壁の向こうから、雄叫びが上がる。
「…っ!」
ここが、調錬場の裏手であることをまざまざと思い知らされる。
今まさに、曹仁の率いる部隊が気を吐いている最中。そこには、郭嘉も、満寵も。そして、荀攸もいる筈。
「助けを呼びたくば、叫ぶがよい。届くかもしれないぞ」
氷よりも冷たい声が被せられた。
「っ……う…あ……」
涙が一筋、頬を伝っていく。
今ここで、あらん限りの声で叫んだら。もしかしたら誰かは、聞き届けてくれるのかもしれない。
けれどそれは、帝もろともにこの醜態を晒すことを意味する。そうなってしまったら。
「いけ…ません……お考え直し、くださ……っ」
溢れる涙は拭うこと適わず、荀彧は震えながら首を振った。
こんな姿を、誰にも見られたくはない。こんな事態を、知られるわけにはいかない。
曹操を快く思わぬ者も、未だ多くいる。体で帝に取り入るような者を尚書令にしたと、怒りの声に体裁よく使われるのは目に見えた。
そして、帝を色事で籠絡するような恥知らずの家柄だと、荀家の評も地に墜ちてしまうだろう。
それだけではない。逆に曹操たちが、帝に一層の厳しい目を向けることは、火を見るより明らかだ。
白昼に臣下を屋外で組み敷くなど、普通の神経ではない。狂乱の果てに奇行に走ったと醜聞が流されたら、帝の立場は危ういどころではない。
事と次第によっては、帝自身にも重い制裁が下されかねなかった。曹操の手によって。
この有り様が露見することは、最早どちらか一方の破滅に終わらない。下手をすれば、許昌全体が揺らぎかねない。
そうであればこそ。こんなことは、許されない。この先に進んでは、いけないのに。

「もう、待てぬ」
帝は荀彧へと覆い被さり、首筋に顔を埋める。
以前衝動のまま舐め上げたその滑らかな肌に、齧り付いた。
「やめ……あっ!」
鋭い痛みが荀彧を襲った。唇を離されたそこに、赤黒い痕と歯形が残される。
「ふ……」
舌をちらつかせながら、帝は鎖骨にも唇を寄せた。
赤子のように吸い付いたり、生温い舌を這わせながら、荀彧の肌をたっぷりと味わっていく。
身体の自由を奪い取られている荀彧には、為す術もなかった。
「いっ……あっ!」
帝の唇が、ついに胸の尖りに触れてくる。
外気に晒され続けた上、這い寄る刺激を受けたそこは、既に形を明確にしていた。
生温かい口内に吸い込まれ、舌先でつつかれ、背筋がぞくりと震える。
「あっ……およし、くださ……あぅ!」
反対の蕾には、指が触れてきた。親指と人差し指で丹念に擦り上げられ、そして押し潰される。
痛みと、もどかしい快感が荀彧を苛んだ。
「あ、あっ……な、ぜっ……」
嫌なのに。受け入れたくないのに。どうしてか、体が感じてしまっている。
「効いているようで何よりだ」
帝がぼそりと呟いた。その言葉に、はっと目を見開く。
周囲を取り巻く香りは、散らされた芍薬のものとばかり思っていた。
だが、確かに芍薬にしては、爽やかといえない。度の過ぎた甘ったるさも感じる。では、これは。
「まさ、か……っ」
芍薬の香りに混じって、媚薬まで嗅がされ続けていたのだとしたら。
恐ろしい推察に行き当たり、荀彧は顔を引きつらせた。
「董承が用意してくれたのだ……気持ち悪かったり、痛いばかりでは、そなたに辛い思いをさせるからな」
恍惚に蕩けた微笑みを浮かべると、帝は荀彧の傍らにある芍薬へ手を伸ばす。
特に花が密集している箇所を掻き分けると、小さな香炉が出てきた。
「あ、うっ……」
完熟した強い芳香が漂う。少し吸っただけで、頭が揺れるような気がした。
「いや……っ、あ!んん!」
荀彧は顔を背けようとしたが、首の痛みに阻まれ、動きを止めざるを得ない。
そこで間髪入れずに頬を取られ、唇を奪われる。今度は深く、呑み込まれるような接吻だった。
「んっ、ふ……ぅ……ん…っ…ぁ……」
角度を変えながら啄まれ、舌が絡まってくるたび、全身が慄いてしまう。
振りほどきたいのに、生じる快感は否応なく荀彧を締め上げていく。
「い、あ……は……あぁっ!?」
やっと唇が離れ、息を取り込もうとした瞬間、下腹部に激しい感覚が走った。
「やぁっ!あ、そこはっ、あぁ、あ……!」
背中を仰け反らせ、今までにない快楽にもがき苦しむ。
「お離し、くだ、さっ、やめ、て……やっ……!」
帝の細い指が、荀彧の花芯に絡みついては、敏感に脈打つ箇所を扱き上げる。
硬く勃ち上がった先からは、白い蜜が染み出した。
それを愉悦の表情で指先に絡ませながら、帝は更に荀彧を煽り、追い詰めていく。
「こんなに……濡れてきたぞ…っ」
「いっ、あぁん…っ!」
反り返った首筋に、追い討ちのように噛みつかれて。
痛みと、滑った感触と。狂おしいほどの悦楽で、頭が真っ白になった。
「あ、あああ――――っ !」
体が宙に浮くような心地がした。直後、粘ついた水音が響き、吐精の脱力感が襲ってくる。
「っは、あ……はぁ……あ…やっ……!」
萎えかけた芯に、尚も帝の指が纏ろってきた。吐き出された蜜ごと弄ばれる。
「やぁっ……もう、おや、め、くださっ…あ、ぁんっ……!」
昂りを手放せど、火照りは奥で燻ったまま。
もう、己の意志ではどうにもならない体になってしまっていた。

「荀彧……っ」
帝もまた、同じく媚薬の匂いを嗅ぎ続け、心はとっくに呑まれていた。
欲に塗れた年若い雄にとって、これほど目に毒な光景があろうか。愛する人が泣きながらいやらしく惑う、それも、己が腕の中で。
下着の間からは、早く解放してくれと云わんばかりに怒張が顔を出した。
生唾を呑み込むと、帝は今一度、荀彧の股や腹を撫で擦った。散らばった精を掬い取るようにして、指に擦り付ける。
「っあ!やぁあ…っ!」
荀彧の菊座に、指が這う。濡れそぼった指先は、その場所へと押し入ってきた。
「ひぃっ、ぁ、っ!その、ようなっ……あ、やぁ……!」
切なく、苦しく、しかし甘さを過分に含んだ悲鳴。
自分のものとは思えぬ声しか出せなくなっていることが情けなく、荀彧の目尻は熱を増した。
涙と嬌声とが、交互に荀彧から零れ落ちていく。
「あ、ぅ……や、あ、あんっ、あ、んっ!」
帝の指は時に優しく、かと思えばいきなり激しく荀彧をかき乱す。
そうやって少しずつ、丹念に。そして強引に。固く閉じられた蕾が、解されていく。
「ああぁ……っ!?」
柔くなったところに、いよいよ帝の指が奥深くまで入り込んできて。
その途中で指を曲げられ、軽く触れられる。その一点から強烈な快感が走った。
「やあぁっ!?あ、あっ…!だめ、やめてっ、やめ、っあぁ…!」
臣下として外聞を取り繕う余裕すらなかった。そこを押さえ込まれてしまったら終わりだと、本能が告げる。
支配されてしまうという恐怖感から、どうにか逃げようともがいた。
しかし抵抗は意味を成すことはなく、帝の指は探り当てた泣き所を責めてくる。
「やっ、あ、あっ!ああっ!あ、あう…っ!」
「気持ち、よいのだな……荀彧っ」
調錬場の方から時折聞こえてくる喧騒も、帝には気にならなかった。
自分の手に翻弄され、甲高くなっていく荀彧の喘ぎ声だけが、鼓膜を揺さぶってくる。
「っひ、あ!あっ、やっ、や、あ、ぁあぁああっ!」
荀彧の体を再び、放り出されるような感覚が包む。しかし先刻とは、何かが違った。
「っぅ…あぁ…あ…!?や…やだぁ……どう、してっ……」
達した感覚はあれども、腰の間をいつまでも熱い奔流が駆け巡る。精を吐き出していないのだ。
なけなしの解放感すらも得られないまま、過ぎたる快楽が獣のように荀彧を貪る。
「だ、め……ああ、ああぁっ……」
「あぁ、荀彧……楽に、してやる……!」
無意識に腰を揺らめかせる荀彧の痴態が、帝の理性を焼き切った。
荀彧の足を持ち上げながら、指を引き抜く。そこに、脈打つ己が雄を押し当てた。
今こそ。ついに。この人を我が手に抱く時が来たのだ。
「っひ、いぃっ!いや、あ!」
荀彧は反射的に後ずさろうとしたが、腰をがっちりと抱え込まれてしまう。
逃げ場を失ったそこを目がけて、容赦なく杭は穿たれた。
「あ、ああああぁ……っ……!!」
痛みと、圧迫感と。形容し難い粟立つ感覚が、一度に荀彧の背筋を駆け抜けた。
「っぐ……ふっ…!」
荀彧の内なる温もりが、きつい締め付けと共に帝に迫る。想像以上の気持ちよさだった。
それだけで一瞬、意識が飛びそうになってしまう。
何もしないまま果ててどうすると踏みとどまり、奥深くまで貫かんと腰を動かした。
「っは、はは……荀彧め……すべて、呑み込んでくれるのか…」
根元まで受け入れられた様を、じっと見つめる。
こみ上げてくるのは、どうしようもないほどの征服感だった。
夢幻の中で何度、こうなることを望んで、届かぬ想いを吐き出し続けたことだろう。

ついに、私のものだ。

「うあ、ぁああ…っ!荀彧、荀彧っ!!」
半狂乱の叫びを上げながら、帝は腰を振り始めた。
内壁を抉り、激しく擦れ合わせて、感覚を全身で味わう。
これがやがて覚める夢ではなく、紛うことなき現だと確かめるように。

「あ、ぁう!やっ、ぁ、あ…っ、ん!やっ、あ、ああっ!」
若い肉体の律動に翻弄されるまま、荀彧は泣き喚いた。
抗う力は残されていない。暴力的なまでの情動を受け入れることしか許されない。
これを現だと信じたくなかった。せめて覚める夢であってほしかった。

「や、あっ、あ…っ!あ、んっ!あっ、いや、あぅう、ぁ…!!」
濁流が押し寄せるかのように、荀彧に今ひとたびの絶頂が迫り来る。
そして帝もまた、追い縋るように果ての景色に辿り着こうとしていた。
「あっ……じゅん、いく…っ…!!」
「っひぅ!あ、ぃや、ぁ!あ、あっ、あ…ぁああああああ――――っ!!」
より一層、奥深くを抉るように貫かれた瞬間、荀彧は蜜を迸らせた。
内壁が小刻みに痙攣し、うねりながら帝の昂りを締め付ける。
「っ、うぁ……!」
包まれる悦びに浸り、ようやく手中に収めた喜びを抱きながら、帝もすべてを解き放った。






「……?」
今どこかで、人の声がした、ような。
「荀攸殿、どうしたんだ?」
突然虚空を見上げた荀攸を、隣にいた李典は不思議そうに見やった。
「あ、いえ……」
勘の冴える李典が特に気にした様子がないことを見て取り、荀攸は押し黙る。
熱の入った怒号と剣檄の音を至近距離で聞き続けて、耳が麻痺しているのかもしれない。
「荀攸殿、李典殿。いかがだったであろうか?」
撤収作業を配下たちに命じ終えた曹仁が、二人に歩み寄ってきた。
「いやもう、お見事でしたよ!槍兵の練度において、曹仁殿の右に出る部隊はないですね」
俺のところもしっかりしなきゃなぁ、と苦笑を浮かべつつ、李典は頭を掻いた。
荀攸も軽く頷き、求められた私見を述べる。
「死門部隊の槍兵の動きは素晴らしかったと思います。ただし、部隊ごとで持たせる武器を統一するよりは、部隊に槍兵も歩兵も配置し、交互に整列した方がよいのではと俺は思いました」
「ふぅむ……なるほど」
「それから驚門部隊は、更に盾兵を増員して、前方の防衛線を盤石にしてもよろしいかと。敵に対して真正面を向く部隊ですので」
「確かに、な。徐晃殿のように、あれだけ長柄を扱える猛将が相手だと、正面突破されちまうかも…」
李典は、論議が白熱している一角をちらりと見やった。
敵方を務め上げた徐晃を交えて、郭嘉と満寵、そして楽進も加わり、あれこれ話し合っている。

「徐晃殿、流石のお手並みでした!歩兵を次々に薙ぎ払う姿、この大斧を振るっているとは思えぬほど俊敏で」
「お褒めの言葉かたじけない。しかし盾や剣を随分と損壊させてしまったな……申し訳ござらぬ。少々やり過ぎてしまったか」
「いやいや、そんなことはないよ!やはり歩兵だけで固めていると、そこが弱点となりやすいのがよくわかったからね」
「でも、歩兵にも利点はある。徐晃殿に隊列を割られても立て直せていたし、あの機動力をもう少し…そう、別の部隊で生かせないかな…」

「……今の我が軍は、本当に充実しているな」
曹仁は感慨深げに頷いた。
「武に優れた者と智に優れた者が揃い、忌憚なく意見を述べ合える。幸せなことよ」
「確かに。腕っぷし頼みで進軍してたあの頃に比べたら、変わりましたよねぇ…」
李典も昔を懐かしむように言うと、荀攸の肩をぽんと叩いた。
「あんたらのお陰で、うちも大分動きのいい軍勢になってきたっていうか!有能な軍師が揃ってるってのはありがたいな」
「いえ、これも皆様方の優れた智勇あってこそ。俺たちも、共に策を練る甲斐があります」
やや控えめな調子で、荀攸は頭を下げる。曹仁も拱手の礼を返した。
「過分なお言葉、ありがたい。今後とも、この八門陣の調練にお付き合いいただけるだろうか?」
「はい。もちろん…」
「曹仁殿っ!」
八門陣の図面片手に、勢いよく満寵が割って入って来た。
「思いついたことがあるんですが、ぜひ聞いてください!死門部隊の西隣は景門部隊ですよね、ここを思い切って歩兵のみで固めて、あとは」
「満寵殿、また悪い癖が出ているでござる。そういきなり捲し立てずとも」
古馴染みらしく徐晃がたしなめれば、郭嘉はくすりと笑って楽進に目配せする。
「ふふ、確かに……ここで立ち話するくらいなら、場を改めてゆっくり、語り明かそうか。ね?」
「本当ですか!ならば私もしっかり学んで、どこに陣形の隙があるのか確かめないと。そして次回はぜひ、私と李典殿で敵役を務めさせてください!」
「おいおい、本気かよ。あと勝手に決めんな」
いきなり巻き込まれた李典は当惑の声を上げた。その背後より、荀攸は郭嘉の方を睨みつける。
「郭嘉殿は、酒にありつく理由が欲しいだけでは?」
「武将と軍師が同じ卓を囲み、同じ酒を飲みつつ策を語らう……うん、とてもいいと思うけれど?」
咎め立てする荀攸の視線に対し、郭嘉も負けじと悪戯っぽい微笑みを返してきた。
「確かに…そうですが」
荀攸はひとつため息をついて、目の前の賑やかな光景を眺め回した。
異なる立場の者が、垣根なく意見をやり取りする。曹仁の言う通り、陣営は今まさに充実しているといえた。
曹操という稀有な雄を戴き、有能な人材が集ったこの場において、戦術家及び軍師の立場でいられる。その幸運を、改めて実感する。
(……文若殿)
だが、ここに自分を推挙してくれた当事者は、苦しみの只中にいる。
自分は恵まれた環境を与えられ、腰を落ち着けている一方で、彼は得体の知れない存在に脅かされているのだ。
こんなにも充実一途の陣営であるのに。しかも彼こそは間違いなく、最大の功労者の一人であるのに。
今の彼にとっては、ここすらも気の休まらない場所なのかと思うと、歯痒くてならなかった。

「荀攸殿。貴方も来るよね?」
いつの間にか飲みに行く方向で話がまとまったらしく、郭嘉が改めて誘ってくる。
「……了解です」
露骨に出していないが、荀攸としても此度の八門陣は目新しい点が多く、興味深いのは確かだ。
いずれ平原での大規模な調錬に発展するだろうし、完成されて実戦に投入される日も待ち遠しい。なるべく協力はしたかった。
それに、街に出向けば何かしら、見舞いの品も調達できる。早めに抜け出して、帰りがけに伺おうと算段をつけた。
彼は、心身を休めることができただろうか。滋養をつけるには何がよいだろう。
ぼんやりと考えつつ、荀攸も皆と連れ立って調錬場を後にした。






「っ……あ…………はぁ…………ぁ………」
視点の合わない虚ろな瞳には、何も映っていない。
既に荀彧の意識は途切れており、ただ、か細い呼吸のみが繰り返される。
「…………」
荀彧を見下ろす帝の瞳から、ぼろりと涙が零れ落ちた。
若さと情動に任せるまま暴れ狂い、手元に残ったは、傷つき疲れ果てた愛する人。
こんな形で、手に入れたかったわけではないのに。心を奪えるわけではないと百も承知だったのに。
「………綺麗、だ」
それでも、抑え切れなかった。恋慕ってきたこの人を手折ることでしか、最早己が心を保てなかった。
背ににじり寄る後悔を、荀彧の体中に散らした所有痕を眺めることで振り払う。
この赤黒い痕こそは、この人を我が物とした何よりの証。ようやく抱くことができたという満足感に、すり替えた。

時が止まったかのような二人の背後で、董承は粛々と後始末をしていた。
芍薬の中に隠しておいた香炉の蓋を開け、掘った穴に燃え尽きた灰をすべて捨て去る。
香炉を懐にしまい込み、穴を塞いでいたちょうどそこに、小さな馬車が到着した。
「……陛下」
茫然としたままの帝に、董承はそっと声をかけた。
体格のいい馭者と、馬車の中から出てきた宦官も近くに歩み寄る。二人とも、やや緊張した面持ちだ。
「やってくれ」
「は、はい……」
董承に促された宦官は、手にしていた包みからさらし布を取り出し、荀彧の傍らにしゃがみ込んだ。
それを見た帝は、咄嗟に宦官の手から布を奪い取る。
「陛下…」
手ずから荀彧の体を清め始めたことに、董承も宦官も困惑の眼差しを向ける。
しかし帝は頑として首を振り、黙々と手を動かした。
互いに何度も吐精し合い、白濁に塗れてしまった荀彧の下半身を、丁寧に拭っていく。
「ん……あぅ………ん……」
時折、荀彧の口からは苦しげな吐息が零れ落ちた。

「あ、あの、陛下……ではこちらを……」
「……すまぬ」
宦官が持参した紺色の―――いつぞやの上掛けを受け取ると、帝はそれを荀彧に被せた。
「よし…運ぶぞ」
「は、はいっ」
董承と馭者、二人がかりで荀彧を抱え込み、慎重に持ち上げる。
馬車の中へ荀彧が運び入れられると、帝もすぐさま後を追って乗り込んだ。
「……わかっているな?この件は他言無用だ」
入れ違いで馬車から降りた董承は、厳しい目つきで宦官と馭者に念を押した。
「…ははっ」
礼を捧げると、宦官は芍薬ごと敷き布を回収し、まとめて小脇に抱える。
そのまま栗林を駆け出していくのと同時に、馬車馬ものっそりと動き出す。馬車の背後には、董承がついた。



「荀彧………」
二人きりとなった馬車の中、帝は今一度荀彧に纏ろった。
上掛けから覗く肢体には未だ火照りが燻り、頬には赤みが差している。仙女もかくやという艶めかしさだった。
あれほど欲望を叩きつけたというのに、また腹の下へと熱が籠っていく。
「敷布があったとはいえ、随分と無理をさせてしまった……すまない」
その指先は頬に触れ、やがて昏い想いを宿したままに、形の良い唇をなぞり上げた。
「っ、あ……」
ぞわりと肌が粟立つ感覚に、荀彧の瞼が開かれる。
しかし、意識の覚醒もままならぬうちに、唇は塞がれた。
「ん……ぅ………っ」
無抵抗の舌を絡め取られ、嬲られて。頭を振って逃げる気力もなかった。

「褥では、ゆっくり可愛がってやろう」

静かに告げた帝の背後に、夕陽が見える。
揺らぐ視界に映る空は、燃え盛るような激しい赤に染まっている。
痛いほどの眩しさが、荀彧の瞳に涙を滲ませた。
「おゆ……る、し……を……」
落日の光を背にした帝の顔を、はっきりとは窺い知れない。
ただ、夜闇のような瞳と、澱んだ笑顔がそこにあることだけは、わかっていた。




2019/06/21

top