menu

曇天日和

どんてんびより

芍薬を手折る(中)

再び荀攸が荀彧の許を訪れたのは、朝日が差し込んでくる頃だった。
「お加減はいかがですか」
「公達殿……わざわざお越しくださったのですね…」
朝早い訪問に驚いた荀彧は身を起こそうとしたが、荀攸はそれを制した。
「そのままで。登城の道すがらですし、お気になさらずとも大丈夫です、が…」
言葉は淡々としているものの、眉間にはどうしても皺が寄ってしまう。
顔色こそ回復しているが、思ったより荀彧が元気を取り戻していないように見えたからだ。
「昨日は、きちんとお休みになられましたか?」
「はい。目眩は治まりましたし、お陰様で」
「それならばよかったです。決して、無理はなさらないでください」
「は、はい…」
荀攸の言葉尻が、いつになく強い口調になる。荀彧は思わず、じっと見入ってしまった。
感情を押し殺しているかのような表情はそのままだが、眉は吊り上がっている。
「その……ご心配おかけして、本当にすみません…」
急にばつの悪い心地になり、荀彧は俯いた。
実を言えば午後から登城するつもりでいるのだが、この荀攸を前にしては、口にし辛い。
「っ、申し訳ありませんでした」
若干萎縮した荀彧を見て、荀攸もはっと我に返る。
思う以上に強硬な態度に出てしまっていたことに気づいて、頭を抱えたくなった。
こんな心苦しそうな顔をさせたいわけではないのに。
「とにかく、休める時に休んでいただきたいと…それだけで…」
それ自体は正直な思いだが、一方ではまた、別の思いもある。
今の、決して本調子ではない荀彧が狙われでもしたら、という不安が拭えないのだ。
失礼な心配だとは承知している。荀彧には武芸の心得も十分あるし、過去には死線と隣り合わせの従軍経験もある。
しかし、そんな荀彧を容易く抑え込んでしまったのが、例の花壇荒らしの暴漢。
正体不明の、そして荀彧が口を噤まざるを得ないような存在への嫌悪感と焦燥感が、つい圧となってしまう。

「……そういえば。昨日満寵殿が、午後に何かあるようなことを仰っていましたが」
どことなく流れる気まずい空気を変えようと、荀彧は咄嗟に口にした。
食堂で目眩に襲われる直前、満寵が何かに誘おうとしていたことを思い出したのだ。
その話題を出されて、荀攸も凝り固まっていた表情を変える。
「ああ…今日の午後に曹仁殿の部隊が調錬を行うのですが、そこに俺と満寵殿、郭嘉殿も立ち会うことになりました」
「それは…つまり軍師の目から見た意見を求められた、ということでしょうか」
流石、深く説明せずとも荀彧は呑み込みが早い。荀攸は黙って頷いた。
「研鑚を怠らぬ、曹仁殿らしいですね。そういえば、新しい陣形戦術を取り入れたいと仰っていたような」
「はい。満寵殿が最初に相談を持ちかけられて、俺と郭嘉殿も誘われました。忙しいだろうからと、文若殿にはお声かけしなかったのですが、やはりお誘いしようという話になって」
「それは、申し訳ないことをしてしまいました…ぜひ私も、拝見してみたかったですが」
「それはまた、いつかの機会に。物にされるまでは、今後も繰り返し調錬されると思いますから」
折角誘いを受けたなら登城すると言い出しかねないと思い、荀攸は先んじて言った。
当初こそ荀彧も場に呼んで、集った将兵らの反応を窺う目算も立てていたが、こうなっては話が違う。
これ以上、彼の弱っている姿を衆目に晒したくなかった。
「……では、俺はそろそろ失礼します」
「お立ち寄りくださり、ありがとうございました。郭嘉殿や満寵殿……曹仁殿にも、よろしくお伝えください」
「承知しました」
荀攸は深く礼をしてから、寝台より離れた。

「…朝の早い時間帯に、失礼しました」
寝室から出たところで、膳を手にして待っていた使用人と目が合った。
「いえ、とんでもないです。荀攸様にお見舞いいただけて、旦那様もきっとお喜びかと」
使用人は感慨深げに笑った。
彼は荀彧が幼い頃から仕えている古株で、荀攸とも馴染みだ。そのせいか、荀攸の訪問は常に歓迎してくれる。
「…では」
軽く会釈をすると、荀攸は足早に荀彧の自宅を後にした。

「……本当によろしかったのですか」
荀攸と入れ違いで入って来た使用人は、卓に膳を置きつつ心配そうな視線を向けた。
その意味をわかっている荀彧は、力なく微笑む。
「はい」
「ですが…」
使用人の脳裏に、昨日訪れた無愛想な客人が浮かぶ。
覚えのある限りでは、初めて見る顔だった。挨拶もそこそこに去っていき、おかしいと思った。
寝室に戻れば、荀彧には彼の来訪はなかったことにしてほしいと口止めされ、いよいよ喜ばしくない見舞いであったと察する。
根掘り葉掘り聞くことは立場上できないとはいえ、主が何かを抱え込んでしまっていることは想像がついた。
しかも、長く親しんでいる荀攸にすら語れないとなれば、尚更事態は深刻ではないのか。
「……ここにいらしたのは、公達殿だけです」
使用人の気持ちを察しながらも、荀彧は言い聞かせるように頷いた。
董承の訪問など、なかった。そういうことにしておくのが、一番適切なのだと。





午後の調練に先立って、荀攸たちは城内にある曹仁の私室に寄り集まっていた。
「よく来てくださった。まずはこちらを」
曹仁はすぐさま、図面を卓上に広げる。
そこに書かれていたのは、八角形の大掛かりな陣形だった。
「これは……奇門遁甲ではありませんか?」
区切られた八カ所にそれぞれ宛がわれている字を見た荀攸は、即座に呟いた。
「なるほど。全方位型の陣形、ね」
「遁甲式を足掛かりにするとは、面白い発想ですね」
郭嘉と満寵も、眼前に広げられた図面を食い入るように眺める。
「我が陣営も規模が膨れ上がった。また、先の年には帝をお迎えしている。これまでのように劣勢を覆す奇策、少数部隊による戦法のみならず、大軍ならではの用兵に慣れていくことも肝要と思い至った次第」
「帝を戴く曹操殿は、諸侯の中でも頭ひとつ抜けた格好。つまりは、その立場なりの戦い方がある……そういうことだね、曹仁殿」
郭嘉が確かめるような視線を送れば、曹仁は大きく首肯した。
「あえて全景を見せる陣を敷き、まずはその威容で以て相手の戦意を制す。敵が果敢に崩そうと仕掛けてくれば内に誘い込んで迎撃し、殲滅する。そのような陣が作れぬかと考えていたのだが、そこで八門の図が思い浮かんだ」
曹仁は真上に『驚』の字を書いた区画を指差した。そこから右回りに開、休、生、傷、杜、景、死と巡っている。
「部隊と部隊の間は隙間がある。つまり一見では中央の大将が筒抜けだ。誘い込みの罠と見せつけているようなものではあるが…」
「大将が見える位置にいる、つまりこちら側に分があるという余裕を見せることは、相手への挑発になります」
荀攸は近くにあった敵駒を取り、図面に置いた。すかさず満寵も味方駒を取り出し、二部隊を作り上げる。
その隙間へと、荀攸は駒を走らせていった。
「焦燥感や挑発に耐え切れず敵が突出した場合、どうしてもこの細い道を通らざるを得ない」
「そこを追い立てて閉じ込め、押し潰す形で攻めれば……」
今度は満寵が、一気に両手で駒を囲い込むように動かした。
荀攸が手を離すと、敵駒はあっという間に味方駒の波に包み込まれてしまう。
「ただし、これはあくまで防御主体、受動的な陣。敵の攻めによって初めて成り立つ、とも言えるね」
成り行きを見守っていた郭嘉は、指で敵の駒を弾いた。
「できればもう少し、隊列に柔軟性が欲しいな。それに、高い位置から矢を射込まれればこちらの分が悪いやも…」
「郭嘉殿の仰る通り。なにぶん構想の段階ゆえ、数多の至らぬ点があるかと。遠慮せずご指摘を願いたい」
曹仁が真剣な顔つきで頭を下げると、郭嘉は軽く微笑みを浮かべた。
「そこまで謙遜しなくても。今後を見据える上でも、私は面白いと思うよ」
「俺も郭嘉殿と同じ意見です。今の我々だからこそ試せる陣形ですし、物にする意味はあるかと」
荀攸が同調すれば、満寵も無邪気に目を輝かせる。
「守勢を是とする曹仁殿ならではの陣になりそうですね。これはぜひ、完成形を拝みたいな…よし」
早速、満寵は残っていた駒をありったけ図面に並べた。
あれこれ駒を動かす様は、さながら新しい玩具を手に入れた童子にも通じる。
「満寵殿。本日は、驚門部隊と死門部隊の連携のみを……」
調錬の予定を言おうとして、曹仁は諦めたように言葉を切った。最早、満寵には聞こえていないようだ。
「こういうことになると、満寵殿は正に水を得た魚の如く…だね」
「……はあ」
すっかり慣れたとはいえ、郭嘉と荀攸は呆れた眼差しを向けた。






昼餉の膳を運んできた使用人は、部屋に入るなり驚いて声を上げた。
「まさか、城に行かれるおつもりですか?」
そこにはきっちりと装束を着こなし、髪を結い上げている荀彧の姿があった。
使用人の声に振り向いた荀彧は、申し訳なさそうに微笑む。
「昨日の今日では…それに、今朝方荀攸様もあれほど、無理をなさるなと仰っていたではありませんか」
「……重々、承知しています。ですが、どうしてもやらなければいけないことが」
「旦那様……」
途方に暮れる使用人に、そして荀攸に対しても、後ろめたい思いはある。
しかし目眩が治まった今、このまま家でじっとしている方が気が塞いでしまいそうだった。
「我儘な主人で、すみません。そちらはありがたくいただいていきます」
努めて、明るい笑顔を取り繕った。


荀彧が門をくぐったのは、日が真南を過ぎる頃となった。
主たる者は食堂で昼食を取ったり、休憩室で休んでいるのか、城内の人通りは少ない。
見知った顔に会うことなく執務室の前まで来た直後、曲がり角からやってきた人影に荀彧は立ち止まった。
「……董承殿」
「ご機嫌麗しゅう。回復されたようで何よりです」
昨日の今日で、態度は刺々しい。しかし、それ以上は何も言わなかった。
無愛想な会釈をしたかと思うと、そのまま荀彧の横を通り過ぎていく。
「………」
晴れない気持ちのまま、荀彧は執務室へと入った。

席について真っ先に、昨日盛大に書き損じてしまった竹簡を手に取る。
改めて眺めれば、酷い有様だ。すぐに引き出しから小刀を出して、特に読み辛い箇所を削り出す。
「……よし」
粗方削り終わったところで、隣の卓から硯と墨を取った。
ゆっくりと磨るたび、墨が香る。嗅ぎ慣れた仕事道具の匂いは心を落ち着かせてくれる。
普段より時間をかけて磨り出し、常よりも濃くなった墨を見て、ようやく筆を執った。
そこからは一心不乱だった。遅れを取り戻すべく、筆を走らせ続けた。






「これより、調錬を開始する。まずは体を慣らすぞ!」
曹仁の一声で、歩兵隊、槍兵隊が一斉に構えを取った。調錬場に緊張感が走る。
「はじめ!」
「「「うおぉおお!」」」
合図と共に、それぞれが打ち合う。準備段階とはいえ実戦さながらの迫力だ。
立ち会った荀攸、郭嘉、満寵も真剣な目つきで、各兵らの動きをつぶさに追う。
驚門部隊と死門部隊を任される彼らは、曹仁配下の中でも練度が高いと評判だ。それに違わぬ動きと言えた。
「流石は曹仁殿の部隊でござるな……拙者も負けておれぬ」
今回は敵役として手合いを務めることになっている徐晃が、顔を引き締めた。
その頼もしい意気込みに、隣にいた満寵が笑って肩を叩く。
「頼むよ徐晃殿。調錬とはいえ、敵役が本気で来てくれないことには課題を見出だせないし」
「承知仕った。曹仁殿、お三方のためにも精一杯、役目を務める所存」
「あまり張り切り過ぎて、全員で華佗先生のお世話になりにいく、なんてことにならないようにね」
「冗談でも恐ろしい発言は控えてください」
すかさず荀攸が郭嘉に釘を刺す。現実になったらある意味、一番阿鼻叫喚の光景だ。

「おっと、これはまたお揃いで」
横から、やや軽い調子の声がかけられた。
皆でそちらを向くと、ちょうど李典と楽進が連れ立って歩いてきた。
「満寵殿に、郭嘉殿に、荀攸殿まで……今日は一体、どうされたのです?」
調錬場では滅多にお目にかからない知恵者三人がいることに、楽進は物珍しげな視線を向けた。
李典は間髪入れず理由をひらめいたらしく、にっと笑みを浮かべる。
「あ、ピンと来たぜ。今日はつまり、曹仁殿のご意見番、ってところだろ?」
「ええ、曹仁殿からぜひと誘われまして」
満寵の答えに、楽進も納得した様子で頷いた。
「なるほど。私たちはこの通り、新しい陣形の調錬と聞いて見学に伺いました」
「まだ一部分だけと聞いちゃいるが、何かしら刺激になるだろうと思ってな」
「ふふ……皆、熱心なことだ」
郭嘉は周囲を見渡した。李典、楽進の他にも、興味深げに見守る将兵らが集まり始めている。
「そういえば、荀彧殿はいらっしゃらないのですか?」
「ああ、そうか!何か足りないと思ったら」
「……っ」
楽進と李典がそう切り出した瞬間、荀攸は調練場の隅々に目を配った。
二人の声は、曹仁の部隊が打ち合っている中でもよく通る。今の発言に、誰かしら反応は示さなかったか。
「残念だけれど、荀彧殿は昨日から体調が優れなくてね」
「昨日、食堂で目眩を訴えられて。本当ならお誘いするつもりでしたが…」
「ああ~…あの方は特に忙しそうだもんなぁ」
「くれぐれもご無理なさらぬようにとお伝えください」
四人が会話をしている最中も、荀攸は周囲の観察をやめなかった。
しかし目に入るのは、曹仁たちの激しい手合わせを固唾を呑んで見守る者らばかり。
こちらに視線を投げたり、気にする様子の者はいない。
「……荀攸殿、いかがされた?」
「っ、すみません」
徐晃に声をかけられ、我に返った荀攸は頭を振った。
どのみち、荀彧本人はこの場にいない。わずかな反応を頼りにするのは無策にも等しかった。
ならば件のことは置いて、目の前の調練に集中すべきだ。軍師として見込まれている以上、責務は果たさねば。





「さて……と」
一段落ついたところで、荀彧は真新しい竹簡を広げた。
曹操は次の目標を南陽に定めている。人口も多く豊かなこの領域を得れば、曹操の地盤はより強化されるだろう。
そのためにも軍備をしっかり整え、遠征を行う旨を上奏しなくてはならない。
頭の中で練り上げた文をしたためるべく、筆を握り直したその時だった。

「荀彧殿」
突然執務室に入ってきた姿に、荀彧は目を見開く。
「董承……殿…?」
「突然申し訳ありません。実は先ほど荀攸殿たちとすれ違いまして、言伝てをいただきました」
「…はい?」
訝しむ荀彧を前に、董承はやや早口で捲し立てた。
「午後の調練に参加する前に、どうしても四人だけで話を詰めたいそうで、荀彧殿にもぜひお越しいただきたいとのことです。調練場の裏手でお待ちしていると」
「……………わかりました。すぐ向かいます」
暫し沈黙した後、荀彧は筆を置いた。その手が、わずかに震えた。



調練場の裏手には、栗林が広がっている。
今の時期はちょうど、花の盛り。むせかえるような青臭い香りの中を、荀彧は黙って歩いた。
時々、城壁の向こうから激しい金属音と叫び声が聞こえてくる。

「…お待たせ、いたしました。陛下」
栗の木の下で佇む後ろ姿を前に、荀彧は礼を捧げた。
「驚かぬのだな」
声をかけられた帝は、振り向かずに言った。
「今日、私は午後から登城しておりました。公達殿たちは、そのことを知りません」
荀攸の名が持ち出された瞬間、謀ろうとされていることには気づいた。誰の指図であるのかも。
「董承殿の口から、私が登城していることが伝わっていたのだとしても…公達殿は決して、私を呼ばなかったでしょう」
今朝も見舞いに来ては、安静にするよう念を押してきた荀攸の顔が思い浮かんだ。
あれほど心配してくれている彼が、今更調錬のために呼び出すとは考えられなかった。むしろ執務室に押しかけて、帰宅を促してくるだろう。
「そうか……董承の早合点であったということか。はは、詰めが甘い」
皮肉めいた笑い声を上げつつ、帝がゆらりとこちらを向く。
晴れた空の下にいながら、瞳は変わらず真っ暗だった。

「同じ花でも栗は匂いが好かぬ。そなたを待つ間、これが随分と癒しになった」
帝の視線が、左手に持つ花へと移る。
「あ……っ」
見間違う筈もなかった。それは昨日、手元に届けられた花と同じもの。
受け取ることを固辞した、淡く芳しい芍薬の花。
「よい…香りだな」
愛おしそうな手つきで、帝は芍薬を撫でた。その笑顔は虚ろで、満ち足りた想いはない。
「帝ではなく、劉伯和としての贈り物すら……そなたはいらぬと申すか」
「……お心遣いはありがたく。ですが陛下と私は、帝と臣。私事のみのやり取りを介在させてはなりません」
荀彧は沈痛な面持ちを、毅然とした眼差しに変えた。
「帝が、天下万民に対して広く平らかに接する。その公の心こそ、皆は尊び敬うのです……どこかに偏りを生じさせれば、皆もまた、偏った目を貴方様に注ぎましょう」
「誰も朕のことなど見てはおらぬ。皆が畏れ敬うのは、曹操の方だ…!」
「曹操殿はこの乱世にあって、表立ち血を流す立場におられます。いつの世も、武に拠る働きが衆目に留まりやすいことは確か。ですが…」

「わかっている!」

荀彧の言葉を遮ったのは、絞り出すかのような叫び。
「わかって、いる。曹操は乱世を収束させるために戦っている。ただの私欲の塊であれば…この許昌もまた、荒れ果てていたであろうよ」
帝は肩を震わせた。固く閉じたその瞼には、幼少期から見てきた光景が次々に映る。
煌びやかだが張り詰めた宮殿。野心に燃える男たちの下卑た笑顔。次第に荒れ果てゆく都と民の姿。
物心ついた時から既に、向かうところ安住などないに等しかった。
何もかもが荒廃し、血腥さばかり漂う場所を生き抜いて。初めて目にした穏やかな街並みが、許昌だった。
「この地を踏んだとき、往来する民の表情が柔らかくて驚いた。董卓や郭汜たちとは違う……曹操は政が上手いのだ、と。そんな曹操が、朕を必要だと言ってくれたとき…そして、そなたが現れたとき、どれだけ嬉しかったか…」
訳も分からず、帝というものに担がれて。窮屈でたまらなかった、幼けなき頃。
寒さに凍える自分を見つけ出し、共に星を眺め、慰めの言葉をかけてくれたのは、とても美しい人だった。
いつしか会えなくなってしまったが、あの慈愛に満ちた温もりと優しさを、一度として忘れたことはない。この身に残る唯一の、淡く輝ける思い出。
その思い出の人が、目の前に尚書令として傅いた、あの日。世界が急に色づいて見えた。
子どもから大人へと変わりゆく自身が、この高まりが何であるかを教えてくれた。この人こそ、我が初恋だったと。
帝としてようやく一歩を踏み出せる。傍らには恋い焦がれた人がいて、自分を支えてくれる。初めて得られた幸福感であった。

「…所詮、ぬか喜びであった。朕はただ、誂えられた玉座に坐しているのみ」
曹操が決定したことは荀彧によって伝えられ、それに頷くだけで、即座に事が進んでいく。
税の改定、戦に向けて兵站の準備、人員の確保、新しい土地の開墾。上奏される内容は至極、まともな政だった。
しかし何故こうも、あっさり展開していくのか。もう少し、論議が必要な箇所もあるのではないか。疑問が湧いた。
そうこうしているうちに、見知った臣下が一人、また一人と閑職に遠ざけられ、いなくなった。
ようやく悟ったのは、董承が時折恨みがましい目つきで、荀彧たちを見つめていることに気づいた時。
この地において、曹操のやり方に異議を唱える者は、いないのだ。何故か。

自分がいるからだ。

かつて董卓が我欲の思うままに暴虐を尽くせた理由が、今ならわかる。
帝を戴く者である、という正当性があったが故なのだ。だからああもすべての言動が罷り通った。
そして李傕と郭汜も、自らの野心に正当性を与えたかった故に、躍起になってこちらの身柄を得ようとした。
自分が――帝が手元にあるという状況が、その者に正当性を与える。
そして今、その正当性は曹操にある。だからすべて、滞りなく事が運ぶ。

「…朕は我儘だ。庇護されなければ明日をも知れぬ身で、政ができぬと嘆くなど」
ふっと、帝の肩から力が抜けた。
「曹操も、そなたも。乱世の収束を願えばこそ、朕を必要としてくれているのにな」
「…っ」
やはりこの方は英邁である。何もかもを見通して、理解している。
こちらが言葉を尽くしても最早、この方にとってはわかり切っていることだろう。
「だから…もういい。いいのだ。曹操やそなたが朕の威光を望むなら、朕はそれを受け入れよう」
「陛、下……?」
表情からも強張りが抜け、まるで悟ったようなことを言い出して。
急な態度の変化に、戸惑った刹那。

「っあ!」
突如として帝が至近距離に迫り、左手を取られた。
手首をギリギリと強く握り締められ、手袋越しにも痛みが走る。
「陛下……っ!?」
思わず、気圧される。光を失った瞳が眼前に迫っていた。
「そなたらが朕の威光を望むなら……朕も、そなたを望んだって構わぬだろう!」
「陛、下……!いけません、陛下っ!」
荀彧は青ざめながら、握られた手を振り解こうともがく。
違う。それだけはいけない。決して受け入れることはできない。受け入れてしまったら、その先に待つのは。

「お願いです、陛下!お放しくださ……っ!?」
ガツン、と首元に衝撃が走った。
「っあ……」
目の前が、ぐらりと歪む。立っていられなくなり、前のめりに頽れた。
帝の胸元へと飛び込む形となり、しっかりと体を抱き込まれる。
いけない。陛下から、離れ、なく、ては。

『…陛下を弄び続けた、罰です』

背後の遠くから、声がした、ような。

ああ駄目だ。痛い。苦しい。目の前が、暗くなっていく。

頬を、撫でられた。柔らかい感触、甘い香り。

これは、なに。わからない。わからない。


『じ ゅ ん い く』


名を呼ぶ声を最後に、意識は途切れた。




2019/06/01

top